google翻訳

507C Virginia Slices × もう一度

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

夏の発掘銘柄。何故かダンボールに入れたっきり存在を忘れていた。
残り2ボウル分ほど。

常喫可能性ランキングでこの”507C Virginia Slices”あたりから
“Orlik/GoldenSliced”あたりは
「常喫対象ではないだろうけど、このまま買わなくなるのも寂しいなぁ」という
印象の銘柄が並んでいる。

かといってここより上でも30銘柄ほどあるので
それをきっちり喫いきって1周しようとすると半年や1年はかかってしまう。
つまり未喫の銘柄や新商品をホイホイ買っていると
いつまでも2度目の購入が回ってこないことになる。

ということは、残っている分を喫い切ったら
それがこの銘柄を喫う最期なのかもしれないのだ。うーむ。

そうそう、僕が今「はじめての格安パイプたばこセット」を準備するんだったら
コーンパイプ(Missouri MeerschaumのLittle Devil Cuttyあたり)に
スクリーンをセットして、それにコンパニオン。
ナチュラルなストレートバージニアとしてこの507Cをおすすめすると思う。

「はじめての〜」と言わなくても
実際に今でも自分が満足できる組み合わせのひとつ。
甘みや加工度という点では他にいくらでも色々な銘柄があるけど
シンプルでナチュラルかつ美味しいとなると
あと思いつくのはPeter Stokkebye/Virginia あたりか?
いや、それでも507Cのほうが一歩リードしてるかな?

などと考えながら喫っていたら、
おかわりもして507Cがすっかり無くなってしまった。
これはまた買っておいたほうがいいのかなぁ。