google翻訳

Orlik / Golden Sliced × リターンズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

ずーっと、気になっていた。
パイプを初めてすぐの頃に喫った煙草を今喫うとどう感じるのか。

特にGolden Slicedは常喫可能性のランクで
新しく試した煙草が次々と上に入ってきて、
必然的にGolden Slicedはどんどん下がってきたが
記憶を辿っても「そんな下じゃなかったはず」という思いもあった。

確かに粗さもあったように思うがその程度がどれくらいだったかが
曖昧になってきていて気になっていた。
同じように気になる銘柄がバージニア系の
Mac Baren/Virginia No.1 と Sutliff/707 Sweet Virginia だ。
このあたりも機会があれば再度喫ってみたい。

で、赤いおっさんGolden Slicedだ。
(今回買い直してすぐに一度喫ってTwitterにも一言上げたので
1月半くらい遅れでブログに書いていることになる)

紙巻たばこで言うところの「よくできた旧三級たばこ」という印象。
記憶通り粗さもあるものの十分許容範囲内で
感覚的に近いもので比較対象になるのはLuxury Navy Flakeと思われる。
が、LNFのほうがすっきりとまとまりがいい。
あと、507C Virginia Slices
(こっちは最近喫い直した時に、熟度を浅く・さらにケンダル臭を減らした
Bright CR Flakeと思えばしっくりくることに気付いた。)
…ということで、比較に値すると思われる銘柄もなかなかのもの。

以前のランキングよりは一旦ぐっと上げたけど、まだ上にしても良いかも。
ただイメージの問題かも知れないが粗さ・ゴツさみたいな感触が抜けず
VaPerとしてもバージニア系としてもどっちつかずな印象。
それでもひとつの基準にはなるであろうことは間違いない。

不思議なことにランキングを上げたことで、
結局ど真ん中あたりに位置するようになった。