Peter Stokkebye / Luxury Bullseye Flake

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

いいなぁ、この煙草らしくない見た目。
ぐるぐる巻きの目玉みたいな愛嬌のある雰囲気。

目玉の黒い部分はブラックキャベンディッシュかな?
そのままボウルに突っ込むのはさすがに難しいな。
あぁ、でも柔らかくてほぐしやすい。ひと巻きでほぼ1ボウル分。

ちょっと喫い始めに酸味があるけど、煙草感もあって甘みもあってバランスもGOOD!!
1oz=3.26$なら、価格も中間帯。
パイプ煙草を知らない人への話のネタにもなるし、万人向けしそう。

それにこの煙草の場合、酸味を極力感じないような喫い方ができれば
「結構上手く喫えてる」ってことだな。たぶん。

IMG_2561

smokingpipes.com/ピーターStokkebye:豪華ブルズアイフレークより(直訳)

ピーターStokkebyeのラグジュアリーブルズアイフレークは、ブラックキャベンディッシュのタッチで、バージニアとPeriqueの楽しいブレンドです-薄くきちんとにスライスブルズアイコイン。

この「コインカット(カーリーカット?)」という刻みは、
フレークカットとはまた違う見た目の楽しさが良い。
バルグ煙草を色んな種類買って、その中にLuxury Bullseye Flakeを見つけたときは
その特徴的な見た目にちょっとやられてしまいました。

目玉の部分は、予想通りブラックキャベンディッシュ。
そしてペリク入りとのことで、どの部分をペリクが担っているのか
自分にはまだはっきりわからないけど、
バージニアの甘みが落ち着いていて、安定した喫味が続くのはペリクのおかげっぽい。
バージニアそのものの味(香り)も、癖がなく万人受けしそうな印象。

またこの煙草は、まだまだ自分の喫煙技術も未熟だからこそ
ちょっと強く喫いすぎた際に感じる酸味や、火種が弱くなった時の味の変化で
パイプのコントロールをわかりやすく嫌味なく教えてくれる。

練習にももってこい、着香無しでこれだけ楽しめて、見た目も味もバランスも良い。
個人的にはパイプ煙草の起点としてぴったりじゃないかと感じた。
もちろんパイプ煙草に慣れた人にも。