「 缶 」一覧

Cross-Eyed Cricket × 有りか無しか

Cross-Eyed Cricket × 有りか無しか

これまでいくつかの着香+ラタキアを喫った。 その最初はボブチョコだったか。 着香物の香りが残るパイプでラタキアものを喫って こういうのもいけるんじゃないかと思って以来、 期待と不安で着香+ラタキアを開けるが、 なぜか今のところ...

Red Ribbon × リボンカットという選択

Red Ribbon × リボンカットという選択

もちろん個人的な好みや先入観もあるのは承知の上だが 特にバルク物の非着香銘柄において「味」という点だけで考えると リボンカットの煙草を選択する理由はあまりないのかもしれない。 缶物や着香物・ラタキア物になると当然話は少し変わってく...

Flake Medallions × カットの違いなのか?

Flake Medallions × カットの違いなのか?

開けたての頃より黒っぽくなっているように思う。 そして、コイン同士が張り付いたようにもなっている。 おそらく葉が湿気を吸って、糖分か何かの影響でベタついて それがコイン同士をくっつける原因になってるんじゃないかな? それにしても...

G.L.Pease / Cairo

G.L.Pease / Cairo

G.L.Peaseのオリエント銘柄。 缶を開けると、明るいリボンカットの葉がみっしり入っている。 そして、フルーティな香り。 リボンカットだけどカラッカラというわけではなく、やや湿った感じ。 ささっとボウルに詰めて点火。 ラク...

Cornell & Diehl / Rajah’s Court

Cornell & Diehl / Rajah’s Court

ラタキア物だが缶を開けると、黒い葉はまばらでほとんどを明るい葉が占めている。 香ばしい匂いはするが、ラタキアのクセはあまり感じず どちらかというと熟したフルーツのような甘い香り。 色合いは異なるが、Cross-Eyed Crick...

Sunday Picnic × 落とし所

Sunday Picnic × 落とし所

初めてSunday Picnicを喫ったあたりの時にはもちろんわからなかったけど 改めて喫うとこれは、Simply Elegant Seriesなんだと思える。 このシリーズに特徴的な香りが良く甘い上品なバージニアがベースにある。 ...

G.L.Pease / Temple Bar

G.L.Pease / Temple Bar

オリエント入りでちょっと気になっていた銘柄。 プラグタイプなのも、なかなか期待させられる要素だ。 早速、スライスしてほぐしてパイプに詰める。 ほぐす際、ややもろい印象があった。 火を点ける。 何だか妙だ。 煙の中...

Triple Play × 出来レース?

Triple Play × 出来レース?

ケンタッキー銘柄はやっぱりひとまずこれになるかなぁ。 当初喫ったときよりも味がはっきりしてきているように思うけど それでもうるさい感じはなくて、静かで落ち着いている。 ケンタッキーもそこまで強いわけではないけど、 バージニアが最...

Red Carpet × 痛し痒し

Red Carpet × 痛し痒し

うーん、このシリーズのバージニア系は難しいなぁ。 美味しいんだけど、この系統の味が続くと飽きるようだ。 Red Carpetもすっごく良く出来ていて 環境にほとんど左右されず、始めから終わりまで一定の味が楽しめる。 あまりにも安...

Cornell & Diehl / After Hours Flake

Cornell & Diehl / After Hours Flake

Cornell & Diehlの上品ふわふわシリーズのひとつ…なんだけど、 どんな葉組だったか思い出せない。 ラタキアとかじゃなかっとは思うけど、とパカン。 うん、柔らかいフレーク・・・と、これ着香物だったのか。何か薄甘い匂いがす...

St. James Flake × 重い腰を上げる

St. James Flake × 重い腰を上げる

やっぱり美味しい、St.James Flake。 角缶に入れっぱなしだったので、開けたてより若干乾燥してしまったため 喫いはじめは少し荒かったものの、落ち着くと変化に富んだ喫味が楽しい。 で、気付いた事が2つ。 ①これまでパイプ...

JackKnife Ready Rubbed × 想像だけじゃ…

JackKnife Ready Rubbed × 想像だけじゃ…

時間が経過したからだろうか、それともパイプの違いからだろうか。 前の記憶とは違うような気がする。 大人しいめのバージニアに強すぎないケンタッキー。 ケンタッキーの印象は変わらないようにも思うが、 バージニアはもっと元気があって、...

Cornell & Diehl / Mississippi Mud

Cornell & Diehl / Mississippi Mud

このMississippi Mudも開けるのに手間取った。 何がって、Mud=泥だ。 ラタキア物で泥って名前がついて素直になれるわけがない。 どうやら僕はこういう時に、色々心配になって調べてしまうらしい。 調べることで、喫うのを...

Opening Night × 輪廻

Opening Night × 輪廻

Interludeもなかなか判断に困る銘柄だったが、 このOpening Nightも負けてはいない。 同じシリーズで、バージニア単葉なので、ある意味似てくるのは当然なのだが Opening NightはInterludeからさら...