「 ◇オリエント系 」一覧

Orcilla Mixture × こちらも早々に更新

Orcilla Mixture × こちらも早々に更新

いやー、これなかなかいけます。 何がどうなったのかわかりませんが、おすすめオリエント物かもしれません。 「スパイシーさ」は一体どこへ? 全く無くなったというわけではないのですが 気にならないレベルになって味も安定して、面白さが残...

Robert Lewis / Orcilla Mixture 50g

Robert Lewis / Orcilla Mixture 50g

【※慌てて追記: 下記は昨日開けたてすぐを喫った際の感想です。記事をアップする直前に喫ったら味が落ち着いていました。ホットな感じはまだあるものの、スパイシーさはおさまって喫いやすくなっていました。何なんだこの急激な変化はヽ(`Д´)ノパイプ...

Temple Bar × 揺れる気持ち

Temple Bar × 揺れる気持ち

Temple Barってラム着香?…ですかねぇ。 使うパイプのせいか、時間が経ったせいか、その両方なのか… Temple Barからスパイシーさを感じるようになってきた。 ちょっとG.L.Pらしくない? それに伴ってラムの印象が...

Cairo × らしさ

Cairo × らしさ

Cairoは美味しいですねぇ。 前回、BijouとTemple Barの比較っぽくなったけど 今回はSunday PicnicとCairoの比較みたいな感じになるのかな? いやわからんな。 どれもオリエントが入った葉組だけどCa...

Temple Bar × 傾向と対策

Temple Bar × 傾向と対策

Temple BarもBijouと同様にかなり右肩上がりの銘柄なのかも。 Bijouはスパイシーさが落ち着いて美味しくなったが Temple Barはケンタッキーっぽい苦酸味が落ち着いて美味しくなった。 そしてBijouはフレークがモ...

Bijou × 右肩上がり

Bijou × 右肩上がり

昨年の夏に開けたBijou。 開けたての時は、抑えた味なのにやたらとスパイシーで 商品説明のところに「推定ピーク10~15年」とか書いてあって これは外れかな?という気がしないでもなかった。 それであまり手が伸びず、久々に味を思...

自家ブレンドVa:O:P=10:5:3はどうなったか

自家ブレンドVa:O:P=10:5:3はどうなったか

消費のための仕切り直し第一弾はVa+O+Pの自家ブレンドから。 元はそれぞれのブレンド用の葉を 自分なりに良い具合かと思える割合で混合しただけのもの。 どの葉もリボンタイプの乾いた葉で、 おそらく味の変化なんてほぼ無いんだろうと...

G.L.Pease / Cairo

G.L.Pease / Cairo

G.L.Peaseのオリエント銘柄。 缶を開けると、明るいリボンカットの葉がみっしり入っている。 そして、フルーティな香り。 リボンカットだけどカラッカラというわけではなく、やや湿った感じ。 ささっとボウルに詰めて点火。 ラク...

Sunday Picnic × 落とし所

Sunday Picnic × 落とし所

初めてSunday Picnicを喫ったあたりの時にはもちろんわからなかったけど 改めて喫うとこれは、Simply Elegant Seriesなんだと思える。 このシリーズに特徴的な香りが良く甘い上品なバージニアがベースにある。 ...

G.L.Pease / Temple Bar

G.L.Pease / Temple Bar

オリエント入りでちょっと気になっていた銘柄。 プラグタイプなのも、なかなか期待させられる要素だ。 早速、スライスしてほぐしてパイプに詰める。 ほぐす際、ややもろい印象があった。 火を点ける。 何だか妙だ。 煙の中...

Cornell & Diehl / Bijou

Cornell & Diehl / Bijou

どうやら300記事目のようです。 もうすぐお盆ということもあって、おそらくパイプを喫う時間が激減すると思われます。 ちょっとBlogを休憩して8/21(月)から月水金更新で再開させようと思います。 Twitterはちょいちょい投稿...

Cornell & Diehl / Oriental Silk

Cornell & Diehl / Oriental Silk

Orientalというからにはオリエント葉が入っている。 そして、Cornell & Diehlだから燃焼性も心配はないだろう。 あとは、どんな味か。 オリエント系バルクといえば、Orion's Arrowがあったが こ...

今更ながら、葉組について

今更ながら、葉組について

これまで葉組についてそこまで深く考えることなく Burley(バーレー)が苦手かと避けたり、 Black Cavendish(ブラックキャベンディッシュ)だけは面白くないと思ったり、 何となく雰囲気で判断していた。 最近、つらつ...