google翻訳

たまにはしっかりお掃除を

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

以前にも少し書いたことがあるが、
僕はパイプを使い終わったらすぐにティッシュで内部を拭き取る。
そして、数回に1度モールにエタノールを浸して煙道の掃除。
その際は、ボウル内もエタノールをつけたティッシュでさっと拭く。

それだけでもティッシュは当然真っ黒になる。

最近、小さめのパイプ達に色んな味が混じるのを感じるようになった。
小さめのパイプはラタキア物に使うことも多く、
また新しく試す葉や着香物にも使うので使用頻度が高い。

何度か喫ったことがある葉に、他の味が混じっても
何となく頭のなかで引き算をして本来の味を思い出すこともできるが
初めての葉ではそれがわかりにくくなる。

さらに小さいボウルは掃除をしているつもりでも、
指を入れにくいので大きめのパイプに比べると掃除もおざなりになる。
もちろんぱっと見た目はめちゃくちゃ汚れているということもないが
匂いも少し気になるようになってきたので、
とりあえず小さいパイプを5本まとめてS/Aメソッドを行うことにした。

結果はこの通り。
IMG_2896

自分が想像していた以上にドロドロである。こりゃヒドイ。

これじゃぁ、本来の葉の味なんて判りそうにない。
それに残った水分やタール成分がどんどん酸化して嫌な味が出そうな気もする。

目にはあまり見えないけど、
パイプのボウルというのがいかに水分やタール分を吸着しているのかがよく分かる。

今回はマウスピースも掃除したので、これでまた気持よく喫えるというものだ。
新しく海外通販の第二弾も届いて新しい葉を試すタイミングだし丁度良い。

それにしても、ブライヤーの小さいパイプでこれである。
コーンパイプはどれほど色々と吸着しているんだろう。

そうだ!!コーンパイプだ。
これこそ普段の掃除もほとんどしていない。でもさすがにS/Aメソッドをする勇気もない。

さてさて一体どうしたものか。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする