google翻訳

Luxury Bullseye Flake と Cask No.7 の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

以前Luxury Navy Flake と Cask No.4 を比較した。
見た目では区別できず、喫味も非常に似通ったものだった。

今回は、Luxury Bullseye Flake と Cask No.7だ。
早速、写真をご覧いただこう。
IMG_2967

左がLuxury Bullseye Flake で 右がCask No.7
明らかにCask No.7の方の色が濃い。
葉組はどちらもBlack Cavendish, Perique, Virginiaで同じなのだが
目玉部分のBlack Cavendishは同じとしても、
それを取り囲むPerique, Virginia部分の色合いが異なる。

結果としてはLuxury Bullseye Flakeのほうが軽快で僕好みだ。
喫味の違いとしてはCask No.7はピリッとしたスパイシーさが強い。
そして渋みもやや強い分、太めの味に感じる。
またどちらも甘みを感じるが、Luxury Bullseye Flakeのほうが
軽やかな分、爽やかな甘みに感じる。

Luxury Navy FlakeとLuxury Bullseye Flakeの喫味はかなり似ているが
CaskNo.4とNo.7はそれを避けるために
わざわざここまで差をつけたのではないかと勘ぐってしまう。

No.7を喫いながら、もう少し刺激を減らして(おそらくペリクがやや多い?)、
軽快に(バージニアの熟成度の問題?)すればいいのに、と思ったのだが、
それは結局Luxury Bullseye Flake化してしまうということなのだ。

余談だが、僕はパイプを喫う時に横にコーヒーを置いていることが多い。
この時スパイシーさを強く感じる煙草を喫うと、どうしてもコーヒーの味が鈍くなる。
鼻に抜けるコーヒーの香りがわかりにくくなってしまうようなのだ。

このCaskNo.7も中盤以降には、ぐっと喫味が落ち着きバランスが変化する。
ただ、やっぱりトータルで見ると安定して軽やかなLuxury Bullseye Flakeがいいかな?