google翻訳

パイプの購入「STANWELL JUBILAEUM 169」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

連日パイプ煙草を喫うとなると、パイプ1本では心許ない。
ショートスモーク用が2本あるとはいえ、
Orlik golden slicedのようなフレークタイプは詰めにくくて仕方がない。

仕方がないので、あと数本はパイプを買うことにした。ヤフオクで。
・火皿の直径は18mm程度
・パイプの長さは15cm前後
・重量30g以下 という基準を持っていたのだが

ヤフオクで見つけたそれは
パイプの全長154mm
火皿の直径18mm
重量不明だった。
が、「自分の想像するシンプルな形のパイプ」だったので落札にトライ。

写真で見る限り、マウスピースに少しキズがあるようだったが、ほぼ新品。
スタンウェルというデンマークのメーカーも、
煙草屋さんのHPなんかで何度も見かけたので問題は無いだろうという考えだ。

念のため、同型のパイプがどれくらいの価格か調べようとしたが
今回もうまく見つけられなかったので、
CAPTAIN BLACKより安めで買えたらなぁと、思っていたら
有り難いことに、想定内の5000円台で落札することができた。

ちなみにJUBILAEUMとはデンマーク語のようで、「記念日」という意味。

数日して、パイプが届いた。開封。
IMG_2709
「あれ?結構デカイし、結構重いぞ。」というのが最初の感想。
念のため火皿の直径を測ると18mmで間違いない。

それでも大きく感じるのは、CAPTAIN BLACKと比べると
ボウル部分の高さがもある上、全体的にぽってりしてるから。
そしてその分重量もある。
はっきりしたことは判らないが、密度も大きいように感じる。

そうか…。火皿の直径だけで考えてたら、かなり幅がでるな。
ということは、火皿の直径20mmくらいでも小さく感じるやつもあるか。
ということで、今後の選択肢を少し広げることにした。

ちなみにこの「STANWELL JUBILAEUM 169」は、
頭が重いので手放しで咥えるのには少し無理があります。

このパイプについても色々ネットで検索をしてみましたが
イマイチ情報不足で、どういうものかよく判らずじまい。
「記念日」という名前がどういう由来でついたのかくらいは知りたかった。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする