google翻訳

707 Sweet Virginia × STANWELL JUBILAEUM 169

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

今回買ったストレートバージニアに分類される煙草で感じたのは
軽やかなタイプと重いタイプがあって、
重いタイプは、刺激が強いものと湿気が強いものに分かれるように感じた。

そして自分はどうやら軽やかなタイプが好きそうだということ。
特にこれから湿気て暑くなる季節には、軽やかな方が良さ気。

707 Sweet Virginiaは軽やかなタイプ。
そして、今回パイプも軽やかな喫味を愉しめるSTANWELLの小さい方を選んだ。

この組み合わせは、707 Sweet Virginiaが
ほぼMac Baren/Virginia No.1と変わらない印象になって
柔らかい草のような香りと、軽い甘さを感じられる。
そしていよいよ終盤になると湿り気を含んだ旨味が強くなる。

McClelland/2000 – Fragrant Matured Cakeは自分の下手さ加減もあって
後半ジクジクと湿ってしまい、燃やしきれずにストレスを感じたが
707 Sweet VirginiaやVirginia No.1は、まだ何とか燃やせる。
そんなところでも軽やかなタイプが好きなのかもしれない。
Orlik/GoldenSlicedも近い印象の軽やかなグループかな?

Gawith Hoggarth & Co./Curly Cut Regular Sliced
面白いけど、毎日喫うってなるとちょっとしんどいし、
707と同じNewminsterでもNo.81 Denmark Pipe Cut
乾いたリボンカットで扱いやすいけど、喫味が硬く(?)て何か違うしなぁ。

どこかのタイミングで、加工度合いの異なるバージニア単体の葉で
喫い比べをしてみないといつまでもよくわからないままになりそう。

この前Smokingpipes.comからのメールで
Cornell & Diehl/Small Batch Blending Kitとかっていう
自分でブレンドして愉しめるセットみたいなのが出てたけど
色んな葉が50g単位でセット価格15000円以上。
喫い比べにはどうも量が多いし、価格も高い。

かといって、バラで見つけたとしても1ozでも多すぎるし
メーカーが違ったらそれだけで味が違ってしまいそうだし
何か良い方法はないものか…。

コメント

  1. 名無し より:

    こんにちは。
    なかなか楽しそうな雰囲気のブログです。
    バージニア葉は基本、ブライト・レッド・ダークの3段階で加工されていきます。
    吸い比べをするなら、同じメーカーのものをそれぞれ購入するといいかもしれません。
    マクレーランドのバルクなら、

    Eastern Carolina Ribbon
    5100
    5105 2035

    2035はGHのロープタバコを除けば、重いタイプの極地にあるようなものなので、
    乾燥させてよくほぐさないと着火すらままならないです。

    缶モノですが、定番なのがサミュエルガーウィズですね。

    Golden Grow
    Best Brown Flake
    Full Virginia Flake

    何れも湿度高めですが、GGやBBFは結構軽いと思います。
    FVFはダークではないですが、かなり深く熟成されてます。
    基本的に湿度高めのバージニアブレンドはある程度乾燥させたほうが良いと思います。

    軽い系で個人的にお奨めなのはGHのBright CR Flakeです。
    私は毎回16oz買いしちゃいます。

    それと税金に関してどこかに書かれていましたが、既にご存知なら申し訳ないです。
    たばこの個人輸入には大きく分けて3つ税金がかかります。
    たばこ税、輸入関税、消費税の3つです。

    たばこ税は1kgあたり12244円、1gあたり約12円かかります。
    たばこ税は輸入の際、便宜的には全てかかります。
    掛かってなかった場合、自己申告で収めなければならないのですが、みんなやらないようです(笑

    輸入関税は、購入価格の60%に対して課税します。パイプたばこなら30%くらいだったと思います。
    たとえば、購入価格が1万円だった場合、60%の6000円に対して、30%の関税がかかります。
    この例では輸入関税は1800円となります。
    ただし、60%の価格が1万円未満だった場合、輸入関税は免除されます。
    この例では60%が6000円なので、輸入関税の1800円は免除となります。
    逆説的に、購入価格が16666円未満であれば、60%は1万円未満となるため、輸入関税は免除となります。

    輸入関税が免除となった場合、消費税も免除されます。

    購入価格は円ベースなので、為替レートが影響します。
    適用される為替レートは、このサイトで見ることができます。
    http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/

  2. Kewpie より:

    名無しさん
    当ブログで初コメントいただきましてありがとうございます!!

    喫い比べ銘柄まで教えていただいて感謝します。
    先日2回目の海外通販で、5100とGolden Growは偶然注文してました。(まだ届いていませんが)
    3回目は数カ月後になるかとは思いますが、どちらも少しずつ残しておいて教えて頂いた銘柄を注文して比較したいと思います。

    Bright CR Flakeもこうやって勧めていただくとめちゃくちゃ気になって試してみたくなります。
    自分の好みがやっとわかりつつあるものの、各銘柄の説明を見てもレビューを見ても、さてこれが自分に合うのかどうか判断できずに、結局当てずっぽうで商品を選んでしまうので。

    またBlogを見ていただいて「コレ合うんじゃないの〜?」と思える銘柄なんかも含めて色々教えて下さい。

  3. 名無し より:

    税金に関して書き忘れがありました。
    送料は購入価格から除外されます。
    smokingpipes.comであれば、インボイスのsubtotalという部分が、関税のかかる購入価格となります。

    初コメントでしたか!これは光栄です。

    吸い比べではもう一組、C&Dのもので、
    Bright Virginia Ribbon
    Red Virginia Ribbon
    というものがあるのですが、私が購入したものがハズレだったのか、
    結構煙がイガイガして吸いにくく、アルカリ添加されているのかニコチンも強めであまりおすすめできないかな、と思います。
    加湿して1年ほど置いておくと、まろやかで吸いやすくなります。

    ダークストーブは労力が掛かる分、バルクではあまり見かけないですね。
    C&Dの高級ブランドであるButeraに、Royal Vintage Dark Stovedという銘柄がありますが、製造はマクレーランドです。

    私はラタキアとケンタッキーがどうも体質に合わず、ブラックキャベンディッシュは喫味が好きではないため、
    バージニア系やオリエンタル系と、かなり嗜好が偏っていますが、良さそうなものがあればまたコメントしたいと思います。

    これからも楽しみに覗かせて頂きます。

    • Kewpie より:

      税金は「基本」払うものだったんですね。そして、送料にはかからない_φ(・_・

      加湿して1年ですか!!
      うーん、イガイガタイプはそういう対応をする必要も頭に入れておかないといけないんですね。。。深い。

      また、コメントをいただけるようでしたらせっかくですので「名無し」以外で是非!