google翻訳

パイプ煙草のB級グルメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

このブログは今のところタイムリーに書いているわけではなく
過去のことを思い出しながら書いています。
だから、パイプ煙草を始めた当初に比べると
ほんの少しの知識、安いパイプ、数種類の煙草も試しています。

ただ、そうは言ってもそんなに時間も経っていないので
始めた時の気持ちを覚えているうちに記録しておきたいと思って書き始めました。

いくつかのパイプ煙草関連のBlogを読んで、すごく沢山知ることがあった。
でもそれは、ほとんどがパイプやパイプ煙草のグルメBlogといったところ。
そこで知った事を下敷きに、
自分の志向にあったちょっとB級な路線の内容が残せればと思っています。

もしかすると、先々では自分も高級志向になるのかもしれないけど
今のところは「安い、旨い、なるべく手軽に」を基本に探求中。
B級好きとは言え不味い煙草には当たりたくない。
でも、嗜好品なので好みは人それぞれ。難しいところです。

そのあたりをふまえて、現時点での好みのパイプ煙草の傾向もメモしておきます。

 ・VaPer(バージニアとペリクのブレンド)は好み
 ・バーレーのブレンド割合が多いと喫いやすいが、後半に飽きる
 ・苦味や酸味の強いもの、あまりにもモヤッとしてよくわからない味は嫌い
 ・喉や口蓋がイガイガするのは避けたい
 ・着香・非着香は基本問わないが、お酒やフルーツの着香を強く感じるものは飽きる
 ・なるべく安く済ませたい
 ・煙草に対峙して、考えながらじっくり喫うという姿勢は現時点では無理

というところでしょうか。

そして、手巻き煙草の巻紙と同じように
パイプ煙草でもパイプと煙草の相性や癖があることも何となく判ってきました。

現時点で試したパイプ煙草が27種類、
手持ちのパイプ(ショートスモーク2種、コーン2種含む)が17種類なので
組み合わせると459パターンになります。

さすがに全パターンは無理・無駄なのでそのうち一部を少しづつ書ければと考えています。
ちなみに手持ちのパイプの中では
一番最初の「CAPTAIN BLACK」が6000円ちょいで最高値です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする