google翻訳

俺流パイプの選び方など2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

パイプの選び方など1ではパイプのみの話だったのでパイプ以外も。
だから、ホントの題名は「パイプ以外の選び方」だね。
ま、いくつか必要な準備物がある。
とは言え、最低限だとそんなに費用はかからない。

・パイプ煙草
当然といえば当然。
手巻き煙草用のシャグ(煙草葉)も喫えなくはないが、
パイプ葉に比べると勢いよく燃えるのでオススメはしない。

・タンパー類
ピックとスプーンとタンパーが組み合わさった安いやつで充分。
僕は初期の頃「釘」を使っていたら見かねた煙草屋さんがくれた。

・火を点ける道具
100円ライターはちょっと不便。
高齢者用のチャッカマンみたいなの(下の写真の赤いライター)がすごく便利。
マッチでスマートに点火できればカッコ良いが、
慣れないうちに相性の悪い煙草で再点火を繰り返すハメになるとイライラする。

・ティッシュ
個人的にはボウルにカーボンを貯めこむ必要は無いと思っている。
自分の好きなパイプと煙草の組み合わせが決まってから、
ほんの少し着くくらいで良いと思う。
僕は喫いおわって灰をかきだしたら、
暖かいうちに火皿の中をティッシュでさっとぬぐってしまう。

・モール
毎回は面倒なので、数回(5,6回)に一度はマウスピースを外し煙道をモールで掃除する。

・消毒用エタノールとスポイト
上記の煙道の掃除の際にモールにエタノールをつけて掃除するのと、
そのタイミングでボウルの内側をぬぐうティッシュにもつけて軽く拭き取る。

後半の掃除は個人的にやっていることなので、特に反論もあるように思うが
カーボンを着けることはその人の「くせや好みをパイプに覚えさせること」だと思うので
色々不安定な初心者が慌てて着けようとしないほうが良いのではないかと考えている。

あと、S/Aメソッドという食塩とエタノールでパイプをリセット(?)する方法があって
使い込まれた状態の中古品を購入した場合なんかは、
この方法でカーボンや染み付いた煙草の匂いを取ったりするので
食塩もあったほうが良い。(あったほうが良いというか普通の家庭ならあるよね。)

はじめての購入が中古品をオークションとかで買って
すごい状態のパイプが届いたら困ると思うし、パイプを綺麗にしたくなった時のために
S/Aメソッドは知っておいたほうが良いと思うので是非調べておこう。
ソルト+アルコールメソッド/Ye Olde Briars

IMG_2802


ここまで書いてみて…
自分ながらパイプにも周辺グッズにも「カッコよさ」という視点が抜けているなと気づいた。
実はこの「カッコよさ」というのは僕にとってとても苦手なジャンルで、
車でも服でも何をどうして良いかわからないことのひとつ。

カッコ悪いということは何となくわかるが、何が似合うのかイマイチわからないし
どうも手間やお金がかかる割に、自分に合っていないんじゃないかと心配が増える。
自分が思う「カッコいい」に合わせればそれでいいという意見もよく聞くが、
これまで根本的に何をもってカッコいいのかがよくわからないまま過ごしてきた。

そんなこんななので、みなさんはここに自分なりの「カッコよさ」を肉付けすれば
楽しいパイプ喫煙ライフを過ごしてもらえるのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする