google翻訳

着香ラム祭り

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

直近に喫って珍しくこれは人に勧められないと思った、McConnell/Maduro
ケンタッキーがラム着香をしっかり支える、G.L.Pease/Navigator
バージニアの喫味をしっかり残す、Cornell&Diehl/Blockade Runner

おー、何だか判らないけどラム着香流行りなのか?

ん、着香?着香だったっけ??
「ラム・の・香り・を・着けた」煙草だから着香だよな?
いやいや、最近いわゆる着香物ってほぼ買ってなかったはずだぞ。

ケーシング??
あー、また怪しい話が出てきた。いや今回の話は違うぞ。
ラムの香りを着けたくて、着ける気満々で着けられたヤツだ。

じゃあやっぱり着香物??
ぐるぐるぐるぐる…。
そうだ!わからない時はtobaccoreviews.comに聞いてみよう。

バージニアを含む/ラタキアを除く/ブレンドタイプはAromatic以外/レビュー25以上

そうだそうだ、Hearth&Home/Anniversary Kakeがラム着香だったな。懐かしい。
感覚的にはMaduroに近いわからなさ加減だった記憶がある。
McClelland/Navy Cavendishもだな。これは落ち着いた味だった。
マクレーのバージニアが全体を支えていたっけな。
純粋にラムのみの着香は8銘柄か。

バージニアを含む/ラタキアを除く/ブレンドタイプはAromaticのみ/レビュー25以上

ほほう、いわゆる着香物でラムのみというのは少ない。2銘柄なのか。
メジャーっぽいのはGawith Hoggarth&Co./Sweet Rum Twistかな?
これってロープ煙草にじゃぶじゃぶラム酒ぶっかけてそうなイメージあるな。

Cornell&Diehl/After Hours Flakeもあるけど「キャラメル」とか入ってるから
さすがに着香だしな〜。一応祭りだし比べておくか。

と、いうことで1日かけて3種類+After Hours Flakeを喫ってみました。
比較だから同じパイプでといきたかったのですが、そこはまぁ祭りということで。
着香物に分類される純粋ラム着香煙草は手持ちになかったのですが
ロープ煙草だし、そこは想像で何とか。

吸い比べと、記憶と、想像の結果はほぼここまでに書いた通りで
Anniversary KakeやMaduroのタイプは、葉組にVirginiaとあるけど
実質的にはVirginiaのキャベンディッシュ状態になっていて
黒糖っぽい系統のラム着香と引き換えに煙草の味を絞り出してしまっているのではないかと思えた。

Navy Cavendishはしっかりとバージニア感が残るように加工した上で(しつつ?)ラム着香したもの。
おそらくSweet Rum Twistもここの分類か?

NavigatorやBlockade Runnerは中間的で
バージニアはキャベンディッシュ状にならないよう、加工しすぎないようにして
今風のラム着香に仕上げているのかなと。
After Hours Flakeもとりあえずはここに分類。

いずれにしてもラムは元々あまり「着香」という意識はなく
あくまでもベースの煙草ありきの「風味付け」という感じなんだろうな。

合っているかどうかは別として、祭りのおかげでちょっとスッキリした。
今度は機会があったら実際のラム酒でも試すかー。