google翻訳

Newminster / No.403 Superior Round Slices

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

この葉もぐるぐる巻きタイプだ。ほぐしやすいし、詰めやすい。
味としては濃いがしつこくはない。甘さはあるが結構スパイシー。

これも相性や喫煙技術の問題があるのかもしれないが
僕にはこのスパイシーさがもう少し弱ければいいのに、と思う。
いよいよ終わりかけでスパイシーさが薄れたあたりはいい感じなんだよな。
パイプを変えてもスパイシーさはそれなりに感じる。

今回バルク購入したVaPer物では輪郭がはっきりせず、
微妙に物足りない感じ(だから再購入したくなるのかもしれないが)だったのが
今度はスパイシーさが、やたらとはっきりしている。
ペリクも本来単体ではスパイシーなものと聞くが、No.403 Superior Round Slicesは
それとは少し違うスパイシーさ、煙で口の中がざらつくように思える。

Gawith Hoggarth/Curly Cut Regular Slicedが少し優しくなって
そこに何か別の太さが加わったような印象。
Curly Cut Regular Slicedはバージニアのみだったから
バージニアからスパイシーさをキツめに感じてるんだろうな。

希望としては、この中間よりちょっとVaPer寄りあたりなんだけどなぁ。
スパイス感をほんの少しだけにすれば、料理と同じで味がしまると思うんだけど。

IMG_2571

smokingpipes.com/Newminster:No.403優れたラウンドスライスより(直訳)

Newminsterの優れた輪切りの場合、全体バージニア州は、ラッパーとフィラーが暗い火力ケンタッキー州の中心と組み合わされるとして使用葉、その後、ロープに巻かれており、コインにカット。コインは強度が完全にわずかに芳香族およびメディアです。

Whole Virginia leaves used as the wrapper and filler are combined with a center of dark-fired Kentucky, and are then rolled into ropes and cut into coins. The c...

どうやらバージニアとダーク・ファイアード・ケンタッキーの葉組らしい。
やっぱりピリピリ感はバージニアかな?どうもバージニアは振り幅が大きくて難しい。
しっかりした味になっているのは、ケンタッキー葉の特徴か?
ケンタッキー葉ってしつこくない(シンプルな?)オリエント葉って感じなのかな?
この辺はもう少し色々試してみないと、何が何かよくわからない。

そうそう、Mac BarenにはバルクVaPerが無いようなので、
どこかのメーカーでVaPer+Dark Fired Kentuckyの葉組の煙草、
あるいはバージニアが数種類ブレンドされたようなVaPerものを探してみよう。

こんなイメージでうまく好みのものに行き当たるかな??

***追記***
No.403 Superior Round Slicesは、最初使ったパイプが良かったのか
パイプを替えて色々試すうちに、どんどん再購入ランクが下がっていきます。。。
ものすごい急降下具合。悩むほどに扱いきれなくなってきた感じです。

通常はピリピリがキツく感じるのと、はっきりしない渋味。
ピリピリをマスキングしてくれるタイプのパイプでは
その分喫味が物足りなくなり、はっきりしない印象を受けてしまいます。
とか、思っているうちに火保ちまで悪くなってしまうという悪循環。

相性が悪くなったのか、急に暑くなってきた天候のせいなのか。
第一印象はそんなに悪くなかったのになぁ。