google翻訳

Rattray’s / Old Gowrie

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

Marlin Flakeは開缶後すぐはどうかと思ったが
1週間も経つとすっかり美味しい煙草になった。

Old Gowrieも期待が膨らむ。
缶を開けると今までに感じたことのないほど強い甘酸っぱい香り。
柑橘系の着香物と言っても良いくらいだ。

葉はブロークンフレーク状で柔らかめ。
早速ほぐしてパイプに詰めて喫う。
ここのところ開けたてはハズレの銘柄がいくつかあったので心配だったが
Old Gowrieは問題なさそうだ。火点きも火保ちも非常に良い。

このOld Gowrieは、僕にとって購入前から問題がひとつあった。
smokingpipes.comでは、葉組のひとつにバーレーが表記され
tobaccoreviews.comでは、これがケンタッキーとなっていたことだ。
もしバーレーなら合わないかもしれないからだ。

ただ、そろそろバーレー銘柄にも少し手を出していきたいというのと
バーレー⇔ケンタッキーの境目を知りたいというのもあり手を出した。

Old Gowrieについていうと、
匂いでケンタッキーを感じないが味でケンタッキーを感じる。
おそらく比率はそこまで多くないと思うけど、
製造の際にバーレーも入れて熟成させているのかなと。

ただ結論をいうと、僕にとっては柑橘を通り越して
パイナップル感にまで思えるほど濃いVaPerで
たまにケンタッキーの香ばしさがチラッと出てくる美味しさ。
バーレーかケンタッキーかはもうどうでもいいやって思えるほどなのです。
それに加えてストレスフリーの燃え具合。

smokingpipes.com/ラットレイズ:オールドゴーリー50gより直訳

Rattray’sのこの優れたブレンドはバージニアのタバコで、より細かく裁断してパックするのが簡単です。古いGowrieは必見です。

Virginia tobacco pressed as a broken flake following the tradition of Charles Rattray. A spicy yet noble tobacco with cool characteristics and a hint of subdued...

何だよコレ美味しいなぁ。Marlin Flakeより好きかも。
バーレーなのかケンタッキーなのか結局は判らないけど、
バーレー表記の葉組みでこんなのが出てくるなら、他のバーレー物も試さないわけにはいかない。
よくわからないけど、乾燥バーレーがダメで熟成バーレーはいけるのかもしれない。