google翻訳

Solani / Virginia Flake-633

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

「ソーラニー太陽がある限り〜♫」と口ずさんでしまうのは
恐らく僕だけでは無いはず。

というか、今の今までSolani銘柄を開けずによく我慢できた。
それくらい気になっていた。
久々に開けるのにワクワクしている。

葉組みは開ける前からわかっている。
パッケージにも”VIRGINIAFLAKE WITH PERIQUE”と書いている。
こういうVaPerフレークならおそらく間違いないだろう。

ということでパカン。
お、やや甘めのアルコールっぽい香りがする。
中蓋をめくると…フレークがデカい。
普段使っているパイプには絶対に入らないサイズだ。

1枚から6割くらいだけをちぎってほぐす。
柔らかく湿り気味でほぐしやすい。
この感触、何かの銘柄に近いんだけどなぁ。。。

パイプに詰めて火を点ける。
火点きも火保ちも良い感じ。落ち着いた、いかにもなVaPer。
どこかで感じた味なんだけどなぁ。。。

あ、Marlin Flakeだ!!
しっかりしたMarlin Flakeといった味と香り。
この633のほうがより「煙草らしい」印象がする。美味しいなぁ。

Samuel Gawith / St. James Flake とは異なるキャラクターだけど
これはこれで手元に持っておきたい銘柄。

smokingpipes.com/ソラニ:バージニアフレーク – 633 50gより直訳

ソラニヴァージニアフレークは、明るいヴァージニアとペリクの鱗片状のフレークです。このクールな、遅い燃焼のブレンドは、自然な甘さと素晴らしい部屋の香りを持っています。SmokingPipes.comでは、それを「ヴァージニアのシャンパン」と呼んでいます。フレークカット。

Specially selected red Virginias from the Old belt and ripe, bright Virginias, sweetened with Louisiana perique build up this masterpiece of tobacco blending. F...

おっと、僕の持ってるのは角缶だけど
smokingpipes.comの写真は丸缶だ。いつのまにか丸缶に変わったのかな?
個人的には角缶の方が見た目がスマートで好きなんだけど。

あとはどうしても値段が気になってしまうんだなぁ。。。ちょっと高く感じる。