google翻訳

G. L. Pease / Cumberland

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

これまた葉組みを思い出せない。
仕方がないので開けて試そう。

缶を開けると、レッドヴァージアっぽい色合いの葉とややこげ茶色の葉。
柔らかめのリボンカット。扱いやすそう。
色や匂いからは葉組みはわからない。

パイプに詰めて喫ってみる。

ん!?ん、ん〜??
よくわらんぞ。。。

不味くはないけど、何というか普通だ。
紙巻たばこ的な印象というか、手軽な味というか。。。

ケンタッキーでもオリエントないなぁ。
かといって素直なVaPerというわけでもなさそう。
GLPのキャベンディッシュ入りとか買った記憶ないしなぁ。
どうもハッキリしない。

答え合わせをしよう。

smokingpipes.com/GLピーズ:カンバーランド2ozより直訳

堅牢で控えめな甘さを誇るカンバーランド(GL Pease)は、アメリカのタバコを巧みに組み合わせたスイートです。赤と成熟したヴァージニアはテーマを確立する。暗闇で放たれたケンタッキーとペリシアのピアニッシモがそのバリ​​エーションを作り出しています。純粋な天然タバコのフレーバーは繊細なアルペジオで調和し、深みのある共鳴音によって強調されています。コーダは可愛くて残っています。完璧な仕上がりで豊かなパフォーマンスが得られます。ベストはゆっくりと味わった。

Robust and possessing a subdued sweetness, Cumberland is a delightfully orchestrated suite of American tobaccos, featuring a rare and exquisite mahogany Kentuck...

ケ、ンタ、、ッキーだと??
真っ先に「これは違うなぁ」と外したやつ!

暑さでボケてるのかなぁ。
再度確認。

これもしかすると「ほぼバーレーのまま」なんじゃないか?
そう考えると喉にくる感じもあるし、手軽さや紙巻きっぽさも納得できる。
作った人が「ケンタッキーだ」って言ってるならそうなのかもしれないけど。。。

ただ、これがもし僕が思うように「ほぼバーレー」なら
今まで避けていたバーレーもいけるってことになる。
やっぱりケンタッキーとバーレーの境目あたりの際どい銘柄は試す必要がありそうだ。