G. L. Pease / Stratford

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

手持ちで未喫の銘柄はほとんどG.L.Pease物。
なるべくどんどん開けていこう。

と、いうことで開缶すると主張の少ない明るい葉の香り。
中蓋を取ると、柔らかくほんの僅かに湿ったリボンカットが出てくる。
色合いは結構ブライト系に寄っている。

特に手間も心配もないタイプなので早速ボウルに詰めて喫う。
火を点けた瞬間の煙は一瞬「スパイシーか?」と思われたが
そんなこともなく、明るいのに落ち着いた味。
Union Squareを思い出したがそれより丸く、優しい酸味がある。

相変わらずというか、通常のブレンドでこの葉の色だと
結構荒さや刺激がありそうなものだけど
そのあたりは見事に取り除かれていて
そのおかげでペリクの甘酸っぱさがうまくそこに収まっている。

そしてこれもいつも不思議に思うことだけど
調整された味の割にニコチン感はきちんと残っていて
決して弱いというわけではない。
そしてさらに面白いのが、何かは判らないがごくわずかに
舌の上にミントのような感触が残る。

G.L.Pease銘柄にしては珍しくシガレット感覚があり
ながら喫いにも向いた煙草だ。

smokingpipes.com/GLピーズ:ストラットフォード2オンスより直訳

ピーズのストラットフォードは繊細で甘美な輝きと豊かな熟したレッドバージニアタバコを魅惑的にブレンドしたもので、ルイジアナ・ペリックの丁度正しい尺度で調味されています。砂糖とスパイスの素晴らしく微妙な相互作用は、この時間の栄誉ある組み合わせの恋人を喜ばせることは確かです。部屋の音符は柔らかくて微妙で、味覚は魅力的で賞賛されます。これはVirginia / Periqueのファンのためのものです。

ちょっと燃えるのが早く、ボウルも熱くなりがちな気もするけど
そんなことはまぁ別にいい。

G.L.Peaseでは初めて外に連れ出して喫いたいと思える銘柄だ。
(それでも人とガハガハ笑いあいながら喫うようなタイプではないが)
まだいくつか未開缶のG.L.Peaseもあるし、
他にも気になるバージニア系煙草もあるけど
ひとまず、現時点でのリボンタイプVaPerの推し銘柄のひとつにしようかと思う。