google翻訳

Marlin Flake × 早々に更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

2回目を書くのがめっちゃ早いんですが、書かざるを得ません。
開缶直後から短時間で味が良い方向に変わっていくようで…。

どういう仕組なのか、たまたま今回だけのことなのか
すっかり美味しい煙草に変化してしまいました。
Marlin Flakeってのがこんなもんなんでしょうか?

喫い初めからふわっとしててキツさがない。
微妙に花系の香りもするように思えるがほぼ気にならない。
湿度はあるがきちんと燃えるしストレスもない。

全く理解を得られないかもしれないことを承知で言うと
FVF①とGolden Sliced②を足して3で割ってやんわりしたような…

「それもう別物やん!!」というツッコミもあるかとは思いますが
この「やんわり」がMarlin Flakeの特徴なのかも知れません。

おそらくブラックキャベンディッシュ由来だとは思います。
保存料っぽい印象の味を感じなくもないですが
腰抜けになるかならないかのギリギリの量。
そしてGolden Slicedに近いわずかなペリク感。

味はするけどぐいぐい押してくる感じはしないので、喫い疲れないのです。
ボーっとしながらや何か違うことをしながら喫うにはなかなか良さ気です。

個人的にはほんの少しペリクを多くするか、ケンタッキーを加えるかして、
何か支えになるようなものがあればというところですが
そういう意味で、同じシリーズのOld GowrieやHal O ‘the Wyndは期待大です。
(Hal O ‘the Wyndってどうやら汽車の名前みたいですね)