google翻訳

Dunhill / Elizabethan Mixture

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

やー、もう気になって気になって。
Ye Olde Signeの時点で結構な甘酸っぱさを出してきてたので
VaPerのElizabethan Mixtureはどうくるんだろうって。

やっぱりRoyal YachtやYe Olde Signeと同系のバージニアなのか?
ペリクがどの程度加わっているのか?

早速開缶。
Royal YachtとYe Olde Signeの間くらいの、やや暗めの色合いの葉。
Ye Olde Signeほどではないものの、やや酸味を感じる匂い。

火を点けた瞬間の煙は苦味が強くて「あかんのか?」と思ったが
すぐにいわゆるVaPer味に。それも柔らかい味わい。
もちろん、火点きや火保ちに問題は無い。

今回購入した3種類のDunhill銘柄の中では、「ちょうど良い加減」に感じられる。

smokingpipes.com/ダンヒル:エリザベサン混合物50gより直訳

Elizabethan Mixtureはもともと古いMurrayとSonsのブレンドで、DunhillはOrlikのマスターブレンダーによって再作成され、再導入されました。少なくとも大西洋の反対側の喫煙者にパイプを通す。元のように、DunhillのElizabethanは、圧倒された暗いバージニアとPerique(すべてのリボンカット)を組み合わせて、魅力的なキャラクターと少しのコショウスパイスのブレンドを楽にします。そして今、何年かの悲しみの欠如の後、もう一度「反逆の植民地」の間で利用できるようになりました。

Elizabethan Mixture was originally an old Murray's and Sons blend, which Dunhill had re-created by the master blenders at Orlik, and re-introduced. at least to ...

ここのところ、雨が降ったり急に暑くなったりする気候の変化の中で
強ケンタッキー銘柄を試したりして、煙草を喫い疲れてしまっていたのかも。

これくらいのマイルドさで適度な感じの煙草は安心する。
言い換えると「喫いやすく・癖がない」のだが、今はこれで良い。