google翻訳

G. L. Pease / Regents Flake

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

Regents Flakeは開ける前から期待と不安が一杯だった。

まず買う時点から「GLPのオリエント物でフレーク」だということで大きく期待していた。

ところがTemple Barが全体的に複雑で何とも判断しきれない銘柄だったこと。
他銘柄でラム着香は改めて好みだと気付いたものの、
それ以降(特にGLP銘柄で)Temple Barも含めて何故か「ラムのケーシングかも?」
と感じる銘柄が多くなってきて
素直に好き嫌いで味を楽しめていないような気がしていたことが不安要素だった。

とはいえ喫ってみないとはじまらないので
開けてほぐして…といつもの作業を行い火を点けた。

Cairoは上品な香り立つSunday Picnicという印象だったが
このRegents Flakeは柔らかく優しくなったSunday Picnicという印象。
早い段階でSunday Picnicが”美味しいオリエント物”という刷り込みが行われたので
これがオリエント物の判断基準になっている。

うん、Regents Flakeは美味しい。
ただこれも「ラムのケーシング??」と感じてしまった。

smokingpipes.com/GLピーズ:Regents Flake 2ozより直訳

成熟した赤と甘い鮮やかなバージニアタバコの丈夫な土台に、イズミルの葉を細かく刻んだ後、スライスして錫メッキを施す前に、成熟して発酵させることができます。これは、異国的で魅惑的な香のような香りと鮮やかな味で、東洋の混合物の恋人のためのものです。フレークまたは2つをこすり、大切なパイプを満たし、例外的な喫煙体験に備える。

A generous measure of fine Izmir leaf is layered on a sturdy foundation of mature red and sweet bright Virginia tobaccos, then pressed and allowed to mature and...

ラムケーシングのことは気になっても、気にしないふりをすることにしよう。
そうしないとわけがわからなくなってモヤモヤする。
(おそらくバージニアとラムケーシングの甘みや香りが隣り合わせにあって
線引きがよくわからなくなってしまっているんだと思う)

細かいことがわからなくても
美味しいなぁ、好みだなぁと思えればそれでいいや。

なので、スパイシーじゃなくて複雑すぎないRegents Flakeは当たりということで。