google翻訳

G. L. Pease / Union Square

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

さて、G.L.Peaseのストレートバージニアだ。
頭の中では何となく想像しているものがあるが、実際どうくるのか。

缶を開けると「柔らかそうなGolden Glow」といった印象。
カットはフレークと書いてあったが、見た感じブロークンフレークに近い。
これといって特徴的な香りはしてこない。

G.L.Peaseというと僕は「抑制」「コントロール」というイメージがある。
とにかく美味しいと思われる・思って欲しいところを上品に提示してくる感じ。

ボウルに詰めて火を点ける。
すっと火が点いて、すぐに甘みが出てくる。
バージニアにありがちな舌にくるピリッとした感じや口の中で暴れようとする煙は無い。
それに加えて、ニコチンが少ないというわけではないように思うが
ペタッとしたタール感も少ない。

いかにもGLP、なるほどGLP。こうなるのか〜、といった印象。
味としてどういうのか…高いところも低いところもバッサリとカットして
中域のいいとこ取りをしているような味わい。

smokingpipes.com/GLピーズ:ユニオンスクエア2ozより直訳

多くのバージニアフレークに共通する添加された糖およびフレーバーなしで、美しい、甘い輝きから、深い、土臭いレッドまで、高級煙草硬化葉のブレンドされたスライスケーキ。それは、純粋なたばこのきれいで自然な甘さで層に展開し、口蓋に富んでいます。それは、快適な部屋のメモ、そして楽しい仕上がりを提供します。純粋なバージニアの経験を求める人は、Pease’s Union Squareを試してみてください。

A blended, sliced cake of high grade flue cured leaf, from beautiful, sweet brights to deep, earthy reds, without the added sugars and flavorings common to many...

それにしてもG.L.Pease銘柄には悩まされる。
美味しいか美味しくないかと言われると間違いなく「美味しい」し
いつもながら「良く出来てるなぁ」と思わされる。

でも楽しいとかワクワクするといった印象はあまりなく、ながら喫いにも向かない。
なぜか「じっくりと煙草に向き合う」とこを強いられてしまう。
あるいは何かのタイミングで抑制が利きすぎているように感じてしまうと
「真面目か…!」と少々ツマラナイ気分になってしまう。

Union Squareに関して言うと、葉の種類に幅がないので面白みは余計に減るんだろう。
でもきっちり美味しく仕上がっているので非常に困る。