google翻訳

2017→2018

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

あけましておめでとうございます。
昨年はBlogやTwitterでお世話になりました。

パイプ喫煙もいよいよ3年目に入っているのですが
昨年後半はBlogの更新も滞りながらも、
スヌースや葉巻にも手を出してみたりもしました。

スヌースは自分にあう銘柄さえ見つけられれば、
実に勝手が良いものだということがわかり
葉巻では昨年最後の1本で「葉巻の甘さ」を体験することができたりしました。

肝心のパイプ喫煙では、ひとまず今の自分の喫い方に合うなぁと思えるパイプが
どんなものか大まかに掴めたことで、はじめて新品パイプの購入。
購入して以降はこのパイプ+4本くらいだけを超ヘビーローテーションで使用しています。
「CAPTAIN BLACK MADE IN ENGLAND B134 (Orlik 2nd)」
「Missouri Meerschaum Morgan Corn Cob Pipe」
「Missouri Meerschaum Ozark Mountain Hardwood Pipe」
「Yello Bole PUG」
「BriarWorks Classic C142S Belge」

コーンパイプやハードウッドもあり、全く高価ではないラインナップな上に
結局最初にヤフオクで落札したまともなパイプの使い勝手が良かったモノの1本になるという
何とも言えない結果に自分でも少し驚いています。

パイプ煙草ではSt.James FlakeとSunday Picnicが気に入ったので
7月に大容量で買って積んで有りますね。
昨年末に購入したLNFもLBFも相変わらず放置プレイ中で自然と1年熟成になってしまいました。

その他の銘柄で今年「おっ!?」と思ったのは
G. L. Pease / Cairo
Cornell & Diehl / Opening Night
F&K / Lancer Slices あたりでしょうか。

Cornell & Diehl / Bijou は開けたてはイマイチかと思いましたが
日が経ってスパイシーさが落ち着いて意外にいけるようになってきたので
これから楽しみな銘柄です。

年末に向けて溜め込んでいた煙草をなるべく消費しようと勢い良く喫っていましたが
思ったほど減っていなくて、まだ少しの間は消費期間になりそう。

そんなこんなで2018年に突入しましたが、
本年も昨年同様パイプ喫煙ライフを楽しんでいきましょう!!
オフ会やプチオフ会も都合が合えば前向きに参加したいので
お会い出来た際には皆様よろしくお願いいたします。

そうそう、クリスマス頃Twitterを通じて
自分が住んでいる市内にパイプ喫煙者の方がおられることが判りました。
また機会があれば情報交換できればなぁと妄想中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. maron より:

    あけましておめでとうございます!
    久々の書き込みですが、記事のウォッチはしています。

    私もパイプを始めた当初購入したParkerのビリヤードを未だメインローテーションで使用していますね。
    使い勝手が良いと愛着も湧きます。
    だいぶ黒ずんでいますが・・・。

    お気に入りの銘柄が見つかったのは実に良かったと思います。
    大抵はたどり着く前に飽きちゃったり面倒になったりでやめちゃいますから・・・。
    そこからお気に入りを軸にして、ほかの銘柄を探求するという道筋もできますし。

    そういえばたばこ増税するんですよね。
    パイプたばこがどうなるのかいまいちわからないんですが、まぁ時代の流れですね。
    ただ新興勢力電子族のせいで少数民族のパイプ族が虐げられるのは若干納得いかないんですが。

    とはいえ、今年も実りの多い一年になるといいですね!

    • Kewpie より:

      maronさん、あけましておめでとうございます!!
      変わらずブログを見ていただいていて嬉しいです。

      お気に入りの銘柄を見つけるに当たっては、
      バージニア系の喫い比べを教えてもらえたのが一番良かったです。
      本来国内流通銘柄だけでああいった比較ができると、
      パイプ喫煙者の裾野ももっと広がりやすいかと思うのですが難しい状況ですもんね。

      またこれからパイプ煙草も割を食って、おそらく増税にはなると思いますが
      負けずにこれからも愉しんでいこうと思います。

      あと、、、相変わらずmaronさんがどこのどなたかは判らずじまいで
      “このコメント欄でしか会えない謎の師匠”として楽しませていただいてますが
      (今年とは言いませんが)いつか機会があればお会いしてみたいものです。