google翻訳

俺流パイプの選び方など1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

今回の投稿の前に改めてお断りしておかなければならない。
私はまだパイプ喫煙をはじめて半年の「超初心者」だ。
初心者だからこそ、ちょっと知った風にこんな記事も書いてみたくなる。
よろしければお付き合いください。


唐突に海外通販でバルク煙草を購入したり
ヤフオクやeBayでパイプを落札してみたり
コーンパイプやボロパイプに手を加えてみたり

その都度、色々と調べたりもするが基本は行き当たりばったり。
「試してみてダメならそこから引き返せばいいや」
「何とかなったらラッキー」といういい加減な性格。

そんなだから、未だにどんなパイプが良いパイプか
どうやって選んだら自分にしっくりくるパイプにあたるか
イマイチはっきりわからない。
そんな状態のままパイプは20本を超えてきた。

パイプ喫煙に興味のある人は、色々とサイトを見て回って調べたりしていると思う。
見ていただければ判るように、意見は人それぞれだ。困ったことに真逆の場合だってある。
身近にパイプ喫煙をする知り合いがいれば一番良いが、私は身近で合ったことがない。

そんな中で、思ったことや気付いたことから一旦まとめてみようと思う。
「お前が言うな」とお思いの方もいらっしゃるかもしれないし
「間違ってるし」というところもあるかもしれないが
「超初心者」ということと、人それぞれの経験ということで
そのあたりはお許しいただきたい。

IMG_2797
安い割に【私には】使えるパイプたち

パイプ喫煙の前に考えておきたいこと

■1回のパイプ喫煙にどれくらい時間が取れるのか
30分未満、30分〜1時間、1時間〜1時間半、それ以上。
喫い方にもよるが、紙巻きや手巻きからの移行で一番異なるのが喫煙時間だ。
パイプ喫煙をを始めるとなるとこれは避けて通れない。
日々パイプ喫煙をするのか、時間が取れる休日のみなのか、紙巻きや手巻きも併用するか。
そのあたりも気にしておかないとパイプに手が伸びなくなる。

10分未満なら根本的にパイプ喫煙を愉しむことは諦めたほうが良いかもしれない。
ミニコーンパイプ等の選択肢もあるが、残念ながらパイプ喫煙の入り口には向かない。
手巻き煙草がオススメ。
30分未満ならショートスモークパイプだ。
火皿の直径が18mmを超えないくらいの小さいパイプ。
新品でも安いし、それなりに愉しめる。
「大きいサイズのパイプに少しだけ詰めれば」というのは考えないほうが良い。
小さいパイプは軽いので取り回しは非常に良い。
ある程度パイプ喫煙に慣れるまでは、煙草葉のかっともリボンカットが良いんじゃないかな?
30分を超えるあたりからいわゆる普通のパイプが勧められる。
それでも1時間までなら火皿の直径は20mm以下を目安にしておくのが吉。

ちなみに、ざっくりだが火皿の直径は小さいほどキツめの味になりがち。

■どんな環境で喫煙するか
これは何か作業をしながら手放しで喫煙するのか、
それともパイプを手で持つことを基本にするのかというところで、
パイプの重量や形状に関わる。
パイプのバランスによっても変わるので一概には言えないが
パイプを咥えて手放しで作業するというのに、
火皿のやたらと大きい真っ直ぐなパイプ(ビリアード型など)はおすすめできない。
ぐにゃっと曲がったパイプ(ベント型)や短かめのパイプのほうが咥えやすい。
真っ直ぐなパイプが良いなら30gとか35g以下くらいを目安に。
このあたりからざっくり絞りこんでみると良い。
そして、その中から自分の好み・似合いそうな形状(シェイプ)のパイプを探そう。

これもざっくりした話だが、ある程度長さのある真っ直ぐなパイプのほうが
喫味が良い物が多くなる傾向があるように感じる。

どこでどんなものを購入するか

車やバイクと同じで、新車、新古車、中古、ジャンクと
同じような形状でも状態や価格は色々。
新しいのしか嫌だ、という人もいれば中古でも全く気にならない人もいる。
ディーラーでしっかり話を聞いてからという人もいれば、
雑誌やネットで口コミを調べてからという人もいるだろう。

ちなみに、自分の場合は車でも中古が全く気にならず、欲しい車種というのも特に無い。
基本的にそこそこ快適に人が乗れて、まぁまぁ荷物が載って、燃費が良ければOKなので
中古屋さんでそこに売ってあるものからフィーリングが合いそうなものを選んで買う感じ。
パイプもそんな買い方だ。どこのメーカーが良いかどんな形状が良いかはわからない。

但し、1本目のパイプはやたらと高価な新品は買わないほうが良いと思う。
中古が気にならないなら、1本目のオススメは状態の良さそうな中古品
新品でも2~3回は味が落ち着かない。
デッドストック品も物によっては、味が落ち着くまで新品より時間がかかる場合がある気がする。

どれくらいの価格帯のものを購入するか

いくらのパイプが良いかではなくて、いくら出せるかになる。
まず1本試してみないと本当に自分に合うのか、好みの喫味が得られるのかが判らない。
パイプ喫煙に慣れないと、パイプを焦がしたり壊したりする可能性も無くはない。
それにパイプ喫煙が本格化したら最低でも3本は欲しくなる(と思う)。
ちなみに次は7本欲しくなる(はず)。
だから、パイプに費やせる金額の1/3で1本目のパイプを買ってみて、
実際にパイプ喫煙を試したら、改めて自分の好みや方向性が決まってくる。
そうしたらなるべく早く残りの2/3で2本目を買うなり、1/3づつで2本買うなりすれば良い。
喫煙ペースが早く、1本目で慣れたら繋ぎにコーンパイプを買っておくのもオススメ。

しかし、その後問題が出てくる(ことが多い)。
・自分の喫い方とパイプの相性
・パイプとパイプ煙草の相性
・自分の好みとパイプ煙草の相性 があること。
好みや喫い方、パイプの状態が時間や環境で変化する。

これらの条件がさくっと決まれば幸せなことだが、
なかなかピタッと来ない場合や探究型の人の場合は
ここから楽しい深みにハマっていくことになる。組み合わせは無限大だ!!
と、ならないようにパイプ喫煙との距離感も大切にしないといけない。(自制の意味も込めて)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする