google翻訳

夏の大阪オフ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

前回大阪でのオフに参加できず、一人寂しくエアオフを行ったが
今回はギリギリまで調整できたこともあり、何とか参加することができた。

そして色々と煙草を試すことができ、パイプも咥えさせてもらえた。
話も楽しく、お土産(煙草)も有難くいただいて帰りました。

今は、お土産でいただいたRose of Latakiaを喫いながら
これを書いているところである。

シリア産のラタキアってもう入って来ないというか
モノ自体が無くなくなりつつあるんですよね?
そんな貴重な煙草をほぼ1缶いただけるとは!!

これMcClelland製なんですが、
ケチャップ臭というより、それが変化してワインのような香りになっています。
ラタキアの特徴的な匂いも薄め。
この2種類の香りのバランスが良くて、樽に入ったワインのようなイメージ。

Rose of Latakiaの名前の通り、何とも上品な感じです。

これまでしっかり比べたことがないので、
煙草葉の産地による違いなんかはさっぱりわかりませんが
喫ってみて感じたのは、いわゆるラタキア葉ほど強く加工はされてないのかな?ということ。
あと、一般的なラタキア物のL/O/Vaの葉組のようですが
バージニアは少なめ、オリエントは極少なんじゃないかという印象です。

Only the most precious, most flavorful Syrian leaves are called Rose of Latakia. This fine blend is complex, fragrant, incredible.

これまで僕が美味しいと思ったラタキア物[抜きタイプ]の雰囲気に近く
その中でもラタキア臭の少ない軽やかな上品さ。
シリア産が効いているのか、配合なのか、
加工具合なのかはわかりませんが、とにかく美味しいです。

—–

それ以外にも色々…

オフ会中に灰にした分としては


「朝日」
何か覚えのある味というか香りですが、現行の紙巻きにはない独特の味わい。
一瞬「古本屋さん」が浮かびましたが、はっきりしないうちに終わってしまいました。
口付きの部分の潰し方は初めて知りました。
「José LLOPIS」
葉巻は、まだまだ味も香りも良くわかりません。
いいなぁ美味しいなぁとは思うのですが、まだ基本「葉巻味」との認識で
初期のパイプの時と同様、何をもって〇〇のような味と言うのかわかっていません。

写真は無いですが
Kramer’s / New Mixもいただきました。
柔らかい…というかモワッとした味のラタキアもので、New MixというよりOld Mix?

持ち帰り分としては

恐らく僕が、マクレー色々試していないと書いていたからかとは思いますが
Frog Morton on the Town
Oriental Mixture No.1
Oriental Mixture No.14
Matured Virginia Navy Cavendish

Navy Cavendishは次回購入のつもりだったとはいえ、3〜4ヶ月は先の話
その他のマクレー製品に至ってはその先、一体いつになることかと思っていたので
有り難いこと、このうえない!!(それもその場で100g缶をパッカンして)

じっくり試してみたいと思います。

あとは、葉巻ですが太いのはMontecristoの確かNo.4(多分、良いやつ)と言われていたと。。。
短いCohíbaやブラックストーン・ストロベリー味、そしてオレンジシガレット、ココアシガレット。

太い葉巻はいつ喫うか悩んでいますが、甘いのはもうすでに無くなり・灰になり。
短いCohíbaも早々に試してみようと思っています。

そうそう、splendourさんのパイプも初めて咥えさせてもらいました。
12cmくらいでボウルが丸っこくて少しベントしたパイプ。
ぱっと見て手に取った時は、「短かくて僕好みだけどちょっと重いかな?」と思ったものの
咥えてみると、見た目や持った感じよりもずっと軽くて「どうなってるんだ?」って感じ。
ベントがうまく顎に沿っているんでしょう。

可愛らしい上に、一部左右非対称に作ってある所も遊び心があって、
それ以上に実用的で…。

ほんの少しリボンタイプのバージニアを詰めて喫わせてもらいましたが
香りはもちろん、落ち着きのある味をしっかり感じました。

僕がこれまで買ったパイプとは違う傾向なんです。

僕自身が煙草もパイプもどっしりしたものより、
味も香りも軽快なものを求めがちだったからか
余計に「バランスとはこういうことだ!!」と言われた気がしました。

面白いですね。実際にこうやって試すと欲しくなります。
今、確認しましたがおそらく試させてもらったパイプはこれです。

I make handmade smorking pipes in Tokyo. HAND MADE FINEST QUALITY SPECIALITIES BRIAR PIPES - SPLENDOUR PIPES

46gというと、普段の僕の選択肢からは完全に外れてます。
数字だけじゃわからないもんですね。すごい(@_@)!