google翻訳

G.L.Pease / Cairo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

G.L.Peaseのオリエント銘柄。
缶を開けると、明るいリボンカットの葉がみっしり入っている。
そして、フルーティな香り。
リボンカットだけどカラッカラというわけではなく、やや湿った感じ。

ささっとボウルに詰めて点火。
ラクチンだし、気持ちよく燃える。
缶を開けた時のフルーティな香りがメイン。

燃え具合も、メリメリではなくじんわり燃え進み
リボンカットなのに荒さを感じないのはさすがG.L.Peaseといったところ。

ついこの前Sunday Picnicがオリエント銘柄の落とし所かと思ったが
CairoはCairoで美味しい。
楽しさとか元気さみたいな感覚はないが、落ち着いたオリエントというのもなかなかいい。

G.L.Pease銘柄全般の落ち着き具合を考えると、
ラタキア、ケンタッキー、オリエントのいずれにも実現されているということは
バージニアに何か特殊な、他ブレンドとは異なる工程を施しているのかもしれない。

smokingpipes.com/GLピーズ:カイロ2ozより直訳

カイロはレッド、オレンジ、明るいヴァージニアタバコ、エキゾチックなオリエンタルリーフ、そしてGLピーズからのペリクのちょうど囁きの素晴らしく複雑な混合物です。味は自然に甘く、少しナッツ、繊細にスパイシーで豊かです。繊細なシトラス様のノートは、より暗いヴァージニアのより頑丈なフレーバーを調和してサポートします。デリケートな香りのミディアムボディタバコ、カイロはバージニアの愛好家と東洋の混合物の愛好家を満足させます。

Cairo is a wonderfully complex mixture of red, orange and bright Virginia tobaccos, exotic oriental leaf, and just a whisper of Perique. The flavor is naturally...

それにしても良いペースで燃えてくれるし、美味しい。
無理やり欠点を挙げるとすると、中盤を過ぎたあたりで
オリエントのものなかか、パイプ由来のものなのか
ほんの少し苦味というか渋味のようなものを感じた。それくらい。

全体的に落ち着いた味わいだから、少しの違和感が感知されやすいのは仕方がない。

常喫という観点で考えると、Sunday Picnicよりハイペースで消費したくなるかな?
いや、もしかすると美味しさと邪魔にならなさ加減のバランスとか
喫っている際のストレスのなさからすると今のところ一番なのかもしれない。
これも8ozで買って問題なさそうだな。