google翻訳

[スヌース]SIBERIA BROWN PORTION

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

パイプをゆっくり喫う時間が取れないならスヌース!!
ということで、お盆の間はスヌースが活躍してくれました。

そして、「今だ!!」とばかりにSIBERIAを試しました。
このタイミングなら効きすぎてフラフラしても大丈夫かなと。

SIBERIA BROWN PORTION

重量 入数 N/g 重量/袋 N/袋
20g 20 24mg 1g 24mg レギュラー

Ettan Portionは黒っぽくて見た目がイマイチだったが、
SIBERIA BROWN PORTIONは茶色っぽくて見た目がイマイチ。
そして1gのポーションなのでデカイ。
口に放り込むが、最初はどうしても「ここ」という場所に収まらない。

あれ、これミント系だったか?
ノーマルの煙草味だと思っていたがスーッとする。
そしてこれまでのミント系の中では一番バランスがいい。
煙草味や炭酸塩味もするにはするが、きちんとミント。

それにもっと「ウヒャー」とか「ひぇー」となるような
危険な効き方をするのかと思っていたが
とりあえず5〜10分ほどの時点では、歯茎近辺に効いてる感じはあるものの
意外と大丈夫そう。

調べてみると、

というのが、ニコチン43mg/gとあって倍近くの強力さ。

いくらなんでも、さすがにこれは無理だろう。
G.3 VOLT SLIM WHITEとか、このSIBERIA BROWN PORTIONあたりの
ニコチン20mg台を超えるとヤバそうなのはわかる。

あ、トイレ(大)にいきたくなってきた。
これも効いてる証拠だろう。
ちょっと席を外します。

—–

うーん、それにしてもこれの0.7gとか0.5g版があれば完璧なんだけどなぁ。。。
やっぱり1gというのはちょっと僕には大きくて
口をもごもごすると位置がずれてしまうし、微妙に唇の膨らみが気になる。

途中、汁の刺激が喉にくることはあったものの
総じて味も良い状態が続き、効き具合も安定していて
これまでで一番良いスヌースだったように思う。

ちなみに、やっぱり汁を出すことなく全て飲みこんで2時間ちょいで終了となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする