google翻訳

G.L.Pease / Temple Bar

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

オリエント入りでちょっと気になっていた銘柄。
プラグタイプなのも、なかなか期待させられる要素だ。

早速、スライスしてほぐしてパイプに詰める。
ほぐす際、ややもろい印象があった。

火を点ける。

何だか妙だ。

煙の中に甘さがあるようには思えるものの、
何かに包まれたかのように素直に甘さを感じ取れない。

オリエントの味や香りがそこにあるようなのに、
ケンタッキーがあるかのような苦酸味を口内で感じる。

でも、煙が鼻を抜ける時はバージニア+オリエントだ。

味と香りが一致しないので複雑に感じ、妙な印象に思える原因か。

甘みを感じようと、極力ゆっくりゆっくり喫っていると
中盤にさしかかることから味と匂いが少し近づいてきた。

味や香りはするのに、GLP銘柄らしく抑制された印象もある、
複雑なのに落ち着いていて、抑制されているのに強さもある。

で、結局どうなんだと言われると「これはこれでアリだなぁ」というところ。

smokingpipes.com/GLピーズ:テンプルバー2ozより直訳

豊かで熟した赤と甘いゴールデンバージニアのタバコは、華麗で香りの良いOrientalsで贅沢に味付けされ、Periqueの繊細なタッチでさらに深みと複雑さが増します。葉は慎重に重ね合わされ、2週間の間大型ケーキに押され、その後バーや刻みに切断され、究極の喫煙の喜びのためにスライスされ、擦られます。

Rich, ripe red and sweet golden Virginia tobaccos are generously spiced with fine, fragrant Orientals and enhanced with a delicate touch of Perique for a bit of...

よくできてるなぁとは思うし、美味しいのだけど
どういう時に自分がこの味を欲しいと思うのかが想像できない。

おそらく僕の舌や鼻はもっとシンプルなものが好みなんだと思う。
初回なので断言は出来ないが
手元にあれば喜んで喫うけど、
買うのはついつい後回しになりがちな銘柄なのかな?