google翻訳

手持ちのパイプ煙草(170707現在)と常喫可能性ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

先日(6/18)に、一人で勝手にエア大阪オフを執り行い
その締めとして、smokingpipes.comで開催されていた
『Cornell & Diehl商品5缶以上で10%OFF!!』に乗っかり
購入した商品が昨日到着した。

—–
Samuel Gawith / St.James Flake 250g
Cornell & Diehl / Sunday Picnic 8oz

Cornell & Diehl / After Hours Flake
Cornell & Diehl / Bijou
Cornell & Diehl / Cross-Eyed Cricket
Cornell & Diehl / Mississippi Mud
Cornell & Diehl / Rajah’s Court
G.L.Pease / Cairo
G.L.Pease / Temple Bar
—–

当然ほとんどがCornell & Diehl商品ばかりである。
それに加えてG.L.Peaseが2缶あるので、
製造者としてはほぼCornell & Diehl。
違うのはSt.James Flake 250g だけである。

今回のメインはSunday Picnic 8ozを10%引きで購入したこと。
あとはSt.James Flake 250gだ。

2oz缶については、After Hours Flakeを除き
気になっていたオリエントブレンドと
購入をためらっていたラタキア物といったところ。

ラタキア物としては
・Mississippi Mud = ミシシッピの泥 で何でそんな商品名?だし
ラタキア物でケーキの上、バージニアもオリエントも抜きという珍しさ。
・Cross-Eyed Cricketはおそらく僕は得意ではないと思われる
English Aromaticだけどバージニア抜き。
・Rajah’s Courtはカレー味ではないとは思うが
何故かインドのマハラジャっぽい人がイラストに描かれている、普通の葉組のラタキア物。

偏っているので、通常価格で買うのが怖い。
美味しければそれでいいんだけど。。。

St.James FlakeとSunday Picnicは
まだ以前に買った2oz缶が残っているが、美味しかったのでためらいなく購入。
これで保管用大容量買いの煙草はLNFとLBFを合わせて約64ozになった。

さて、その箱入りSt.James Flake。
箱の中身はかなり質素で薄手のジップロックに
缶入りの倍くらいの長さのフレークが入っていた。

小分けして密閉しないと、このままでは恐らく乾燥が進んでしまうだろう。
本格的な夏が来る前に対策をしないといけないと思いつつ
放置プレイになる可能性も。(LNFもLBFも放置プレイ中)

とは言え、今回の新規購入分も含め
以前購入した煙草の在庫がもう少し減るまでは手がつけられない。
常喫可能性ランキングも以前のページを更新していくことにしようと思う。

コメント

  1. maron より:

    こんにちは。
    今回はバルクものは無しのようですね。
    私も先日、McClelland 40th Anniversary目的でもろもろを購入しました。
    税関で止まってるようなので、赤紙が貼られていることかと思われます・・・。

    C&DのBijouは初めて見ました。昨年発売したようですね。
    VOブレンドにハニーフレーバーというのは、なかなかよさそうな気がします。
    Temple Barも同じく・・・Cairoはとてもおいしかった記憶があるので、同じ葉組なら期待できそうです。
    レビューお待ちしております。

    St.James Flakeは無着香なのでジップロックでも大丈夫だと思います。
    ただ、喫う際に開閉するので、取り出し用に小分けするといいかもしれません。
    心配なら以前コメントに書いた、アルミパックがおすすめです。
    https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001D7DJ70

    • Kewpie より:

      再度ありがとうございます!!
      ビンやタッパーも考えたのですが、やっぱりアルミパックが合理的で場所も取らなくて良さそうだなと考えていたところです。(Amazonの欲しいものリストにも入れてます。)

      バルク物でも気になるのは残っているのですが、GHのDark PlugとかDark Bird’s Eyeあたりと、諸々の着香物になってきているので、缶物を買う隙間に入れればいいかな?と思い始めました。
      次は缶物で2ozや50gのラインと、8oz以上の大容量のラインの両方がある銘柄を中心に試していこうかと考えています。
      こうなると容量が増える分、色んな銘柄は試せなくなってくるんですね〜。
      それに2ozでもハズレを引くのも怖いので、しっかりレビューなんかも見てから判断しつつ
      今回のようにいつくるか判らない割引のタイミングに乗るとかしながら進めようと思います。

      40th Anniversaryとかも気にはなるんですが、100gなのでなかなか。。。

      • maron より:

        取り出し安さではタッパーが一番ですね。
        保管はアルミパック、取り出し用はタッパーと使い分けてます。

        そういえばバルクのバージニアブレンドはもうほぼ試されているような気がしますね。
        バージニアものは当たりはずれのレンジが狭いので、新着銘柄も割とすんなり買えますが、
        着香ものは結構レンジが広く、はずれを引いた時の処理が困難でなかなか手を出しにくい感があります。
        限定品の着香などは特に香りづけがちゃんとしてる分、苦手な香りだと苦痛です・・・。

        着香で安定感あるメーカーといえば、Dan Tobaccoでしょうか。
        黒胡椒とかチリペッパーとか変な着香もありますが・・・。
        Blue NoteやTake it easyなんかは有名ですね。

        McClellandのバージニアブレンドは基本的にマクレー味という感じなので、特に限定品を買う意味は無い気がします。
        記念に買っておく、という感じでしょうか。
        C&Dも毎年限定品を出しているので、気が向いたら記念に持っておくのはいかがでしょうか。
        気に入ったメーカーを追いかけるのも、ひとつの楽しみです。

        • Kewpie より:

          基本的にバーレー物は避けているので、着香を除くと9割方試せたのかなと思います。
          今日喫っていて思ったのですが、Louisiana Perique Flakeってケンダル臭があるんでしょうか?
          もしそうなら、これくらいが僕が美味しいと思える限界のようで、これより濃いと芳香剤っぽく感じそうです。

          着香物もフルーツ系には積極的になれなかったり、
          English Aromaticもおそらく得意ではなさそうだったり
          (今回購入ののCross-Eyed Cricketがいけるかどうかで判断)
          色々判ってきました。

          McClellandも決して嫌いではないのですが
          美味しいやつに限ってマクレー味なので、どうしたものかと思っていました。
          Katerini Classicはカレー風味と聞いたので試したいなぁとは思ったのですが
          それ以外の膨大な製品群が「ほぼ」マクレー味だったら。。。悩ましいです。

          Dan Tobaccoもですが、缶物は普通なら喫ってるだろうと思われる有名どころですら
          未喫のものが山のようにあるので、順番にいって見ようと思います。

          振り幅は大きいもののメーカーの雰囲気としてはC&Dが合いそうなので
          限定品もそのうち…。

          • maron より:

            芳香剤っぽい香りなら、たぶんそれがケンダル臭だと思います。
            石鹸、草刈り後の青草臭、トイレの芳香剤など、いろんな表現がされてますが、
            正直これだという自信無いですね。

            缶物は種類が多い分、それほど喫味に違いがないものも多いです。
            とはいえ、好奇心は止まらないですね。