google翻訳

Virginia × 名は体を表す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

Peter Stokkebye の Virginia。

リボンカットの煙草ではトップクラスじゃないだろうかと
常喫可能性ランキングを見直したら、やっぱりリボンカットで1番だった。

フレーク物がみっちり上位を占めているので、どうしても目立たない。
リボンだからなのか安定して燃えるし、かといってピリピリしたりすることもなく、
バージニアのみなのにあまり味に揺れもなく、かといって単調なわけでもない。
柑橘系中心だけど、草っぽさやナッツっぽさもありつつ、甘さもあって
微オリエント、微ペリクと言われると「そうかもしれない」と思ってしまいそう。

よくできていて足りないところがないのが不満と言ってしまいそうな煙草。
フレークは面倒、旨いバージニアを安く気軽に喫いたいという人に勧めたい。

銘柄名からしてコレなので、元々目立つつもりはあまりないのかも知れない。
文武両道、優等生、学級委員長、リア充タイプではないが
いつも何をさせても微妙に良い位置にいて、なかなか外すに外せない。

もちろん、クセのあるタイプのバージニアではないので
数多ある人気バージニア銘柄に慣れた人にあまり過度な期待をされても困るが、
もしかすると1周回って「これもアリだ」と思ってもらえそうな気もする。