google翻訳

[スヌース]OMNI PEPPERMINT

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

パイプ煙草でも自分の試したのがどんなだったか
記憶に残すために書いているのだから、
スヌースも同じようにしないと、味や感想を恐らく覚えていられない。

スヌース自体が続くかどうかはわからないが、
とりあえずパイプ煙草のブログの隙間に挟み込んで(スヌースだけに!)書いておくことにした。

ただ、スヌースは銘柄はそこそこあるものの
パイプ煙草とは異なり「パイプ」のような喫煙具は無いし、
ニコチン量や形状はある程度固定化されているので、
早々に自分に合う銘柄が見つかるのかもしれない。

—–

さて、前回のスヌースのところにも書いたが
今回購入した10種類を1袋あたりのニコチン量が少ないものから試すことにした。
新しいもの・ことは好きだがチキンなひよっこなので。

と、いうことで初スヌースは

OMNI PEPPERMINT

重量 入数 N/g 重量/袋 N/袋
8g 20 7.5mg 0.4g 3.0mg ミニ ドライホワイト

初スヌースということで、比較も何もできない初々しい状態での感想は
「これなら何とかなりそう」である。

先ずパッケージからシンプルで女性でも使えそうな雰囲気。
開封しても、爽やかなミントの香り。
ミニサイズでドライホワイトというだけあって内容物も白くサラッとしている。
(ドライじゃなくてホワイトじゃないのがどんなのか判っていない)

ほぼ抵抗なく指定の場所に装着。
とはいえ、上唇の歯茎のところに何か物を入れて保持するということなんて
これまでやったことがないので、違和感が無いと言うと嘘になる。
それでも意外とすぐに慣れた。

恐らく初めてスヌースを試した人はこれをするんじゃないかと思うのだが
『スヌースを入れた状態で鏡に向かって「ニッ」と笑ってみる。』
ミニのおかげかこの難関もスヌースが見えること無く、無事通過した。
外見的にも「おい、何か上唇腫れてるぞ!」と指摘されることも無さそう。

喫味?味?のほうも全く問題なく
袋が接している粘膜がほんの少しピリッとする(おそらくニコチンによるもの)だけで
ひたすらミント味。というか薄いクールミントガムの味。延々これが続く。

強めのスヌース使用者からは「キクよ」「5分くらいで1度出したほうが…」と聞いて
かなりビビっていたのだが、さすがにスヌースでも最弱クラスのニコチンだからか
特に何か変化を感じることは無かった。

結局、初心者らしくやめ時がわからないまま
「あぁ、いつの間にか味がなくなってた」となるまで都合4時間入れっぱなし。
袋を仕込んだままお茶を飲んだりもした。

途中Twitterで「胃が荒れるかもしれないので。汁は飲み込まないように」と
忠告も頂いたものの、すでにその時点で1時間半近くミント味のだ液は胃に入っていた。

もしかすると、だ液ではなくウエットなタイプでは実際に汁が出るのか
あるいはニコチンの強いものだと胃が荒れるのか判らないが
今回に限っては4時間でも特に胃に負担は感じずホッとした。

と、いうことで初めてのスヌース体験は何事もなく無事(?)終了。
スヌースを口にしている間は、パイプを喫ったり手巻きを喫ったりすることはないのと
特に他人からの見ても問題無さそうなので、煙を出せない場所では使えそうです。
特にOMNI PEPPERMINTはガムを噛んでいるのと変わらないなぁという感想。

どのタイミングで「お、キタ!!」となるのか楽しみにしながら次に進みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする