google翻訳

Peter Stokkebye / Luxury Twist Flake

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

Peter Stokkebyeの「Luxury 〜 Flake」高級フレーク3兄弟
Luxury Bullseye Flake
Luxury Twist Flake
Luxury Navy Flake のうちのひとつ。
ひとつ目のLuxury Bullseye Flakeが好印象だったのですごく楽しみ。

Luxury Twist Flakeの葉もフレークだが、
繊維が真っ直ぐ揃っているわけではなく
ムンクの叫びの背景の空のようにうねうねしている。

そして、ほんのりキャラメルのような香り。微着香??
喫ってみると、シンプルな味のどこかにやっぱり薄〜いキャラメル風味。

IMG_2746

smokingpipes.com/ピーターStokkebye:高級ツイストフレークより(直訳)

ピーターStokkebyeのラグジュアリー・ツイストフレークは、ジンバブエ、米国東部の最高の分野から純粋なバージニアブレンドである、これらの葉は手巻き、その後、紡糸されたケーキに圧入し、スライスされています。

A pure Virginia blend from the best fields of Zimbabwe and Eastern United States. Rolled Twist Flake, then Cavendish pressed and cut.

これって本当にバージニア葉のみで着香無しなんだろうか?
あまりにモヤモヤしたので調べてみたら、キャベンディッシュというのが
『バージニア、バーレー、メリーランドなどのたばこ葉を加香、圧搾し発酵させたもの』
ということで、これが怪しいように思う。

もしかするとキャベンディッシュの元々の原料がバージニア葉だけだったら、
「バージニアのみ」の表記も間違いではないのかもしれない。
バージニア葉のみの煙草ってひとくくりにできないくらい、
幅広くて色んな喫味の商品があるしなぁ。
実際、今回調べてみて「バージニア葉」は色々と産地や加工方法等があることを知った。

各煙草メーカーそれぞれ苦心して作り上げた技術やブレンドには
企業秘密もあるだろうけど、正しい葉組とか割合を知ってみたい。
着香物はどんな着香をしているのかとか、ブレンダー/企画開発者の話とかも知りたい。

ま、知らずに「あーだ、こーだ」色々と想像するのもそれはそれで充分楽しいですが。。。
(どっちやねん!!(^_^;))