google翻訳

Scotch Flake × 年齢不詳

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

うん、やっぱりScotch FlakeはBrightではないFlakeだな。
明るくはなく落ち着いている。

Bright CR Flakeとの違いは
ブライトバージニアとレッドバージニアの差のような熟度の違いと思って良いのかな。

これもケンダル臭を感じるがきつくはない。
ケンダル臭がどうやってつけられるのか、つくのかはよくわからないが
ベースの葉の香りで、ケンダル臭もそれにつられて
若めに感じたり渋めに感じたりするのかもしれない。

例えがアレな気はするが
Bright CR Flakeは「見ていたAVが熟女ものに分類されていて驚いた」という程度のケンダル感
Scotch Flakeは「あー、これはさすがに熟女ものになってくるよな」
そうなると、以前喫ったKendal Flakeは「納得の熟女もの」といったところか。

高校球児が、横綱が自分より年下であることに驚かなくなるあたり…
年上だと思っていたAV女優がいつのまにか同い年になって、知らない間に追い抜いていたというあたり…
のケンダル感までが気にならず美味しいと感じられる範囲かな。

…一体何の話をしているんだ、僕は。

そうそう、ケンダル臭とはおそらくコレというのが判ってきた事を言いたかったんだ。

Scotch FlakeやLouisiana Perique Flakeあたりが
「あれ?もしかすると思ったより年上なのかもしれないな」と思うラインなのだ。

まぁ、普段使っている枕でさえ年をとって大人の匂いがするようになるのだから
自分もそのうちKendal Flakeでちょうど良いと思えるように変わっていくのかもしれないな。