google翻訳

Exclusive × 変わったのはどっち?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

あんなにパンチがあると思っていたExclusiveが、急におとなしくなった。
何があったのか知らないけど、重くどんよりしていたのが
甘香ばしい味が前面にくるようになった。

喫っていると、相変わらずペリクが低域を支えているような味を感じはするが
全体に覆いかぶさってくるような重さを感じることはなくなった。

ここのところ続けてこの印象なので、使っているパイプのせいではない。
煙草が変わったからか、気候が変わったからか、あるいは僕が慣れたのか。
何だかわからないが、これは好みの味になってきている。

そういえば、ちょっと前にLaurel Heightsも「あれ?美味しくなった??」と思ったところだ
どっちもバージニアの風味が前にきて美味しくなった印象。同じくらいの湿度感のリボンカット。
保管は雑なので、おそらく急激な気温の変化や湿度の変化にもさらされているだろう。

僕が変わったのではなくて、たまたまいい具合に煙草のほうが変わったんだと思いたい。

“ペリクジャンキーのためのExclusive”はあまり人には勧められないと思っていたが
この味なら意外に複雑さもなくて勧められるんじゃないかな?

エイジングというほど大層なものではないけど、年単位じゃなくて月単位でこの変化。
パイプ煙草はこの振り幅、ブレを楽しめるのも面白い。