google翻訳

Laurel Heights × こうなるのか〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

Laurel Heightsはラタキアがかなり薄く、これは美味しいなぁと思っていた。
開缶して少しの間続けて喫っていたが、
新しい銘柄や早めに消費したい銘柄に手を出していて、少し間が空いた。

久しぶりに気になって喫ってみたのだが、
1ヶ月かそこら置いていただけで少し味が変わったように感じた。

以前は軽いラタキアを感じていて、バージニアとは口内で混じり合い
そこで調子を取って「美味しい」となっていたように思うのだけど
今喫うと、口に入ってくる煙はすでに柔らかく、ラタキアはほぼ判らない。
薄いクリームのようなオリエントが少し混じったような、そんな印象の煙が口に入ってくる。

時間経過で味が抜けたのか、熟成したのか判らないがとにかく美味しくはなった。
一晩置いたカレーみたいなもんで、塩やスパイスのカドが取れてマイルドになって
具材には味が入り込んで美味しくなるとか、そんな感じだろうか。

今までも雑な管理で、久々に喫って「味が変わったかな?」というのはあったけど
「なるほど、こういう風になるのか」とプラスの印象を持ったのは初めてかもしれない。
パイプの違いや気温等の環境の変化なんかで
たまたま感じ方が変わっただけではないと思いたい。