google翻訳

Gawith Hoggarth & Co. / Scotch Flake

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

Gawith Hoggarth & Co.の
Bright CR Flake、Glengarry Flake、Scotch Flakeは
もう、見た目では区別がつけられない。
煙草をパイプに詰めるまでの手はずも当然変わらない。
喫ってみる。

あまりアルコール着香を思わせる名前の煙草に手は伸びないが、これはいける。
上の他2銘柄の美味しいイメージもあるからか”普通に美味しい”。

微ケンダル臭とでもいうのか、共通する独特の上品さを感じる香り。
Glengarry Flakeの蜂蜜着香もそうだったが
Scotch Flakeもおそらく軽いスコッチ着香(なんだろう)と思う。それくらい軽い。
いや、もしかするとこのスコッチはお酒のことではなくて、スコットランド風というくらいの意味か?

Bright CR Flakeとは何か少し違うだけのことで、全体的により穏やかな印象だ。

smokingpipes.com/
Gawith Hoggarth&Co .:スコッチフレーク
より直訳

マイルドな甘い100%バージニアタバコGawith、Hoggarth&Co’s Scotch Flakeは、ブラジルとジンバブエの鶏肉硬化バージニアの組み合わせで、甘さと体を加えるために日焼けした量を増やしています。壊れたスコッチケーキの内容と同様に、それはより薄い外観は、フレークにスライスする前に押されている結果です。

A very sweet 100% Virginia tobacco, Scotch Flake is a combination of flue cured Virginias from Brazil and Zimbabwe, augmented with a smaller amount of sun cured...

Scotch Flakeも常喫対象になるかと一瞬思ったが
ここはBright CR FlakeとGlengarry Flakeに任せておこうと思う。

穏やかで美味しい事は間違いないが、
あと一歩何かクセというか特徴があれば…という判断。

それにしてもかなりじっくりと安定して燃える銘柄である。