google翻訳

Mac Baren / HH Bold Kentucky 1.75oz

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

よく考えれば、以前バルクでHH Old Dark Fired Ready Rubbedを試していた。
缶入りのHH Old Dark Firedは元になっているフレークのはずなので買わなくても良かったのかも。
まぁ、でもHH Bold Kentuckyとの比較だし、まぁいいか。美味しかった記憶があるし。

この缶、かなり小さいがデザインはなかなかカッコ良くしてある。
本当に1.75oz≒50g入ってるのだろうかと思いながら、開缶。

金色の紙に包まれている。えらく高級な印象だ。
煙草からの水分で紙の一部にシミができている。
よく見ると、缶のフチも錆びているところがある。

包を開けると、ピシッと切り取られ見た目にもかなりしっかり押されたことがわかる
こげ茶色のフレークがこれまたキッチリと並んでいる。
そしていかにもケンタッキーらしい、苦渋い香りが強く感じられる。
あまりにもきっちりした作りとその香りに「おぉ〜」と声が出た。

早速フレークを1枚取り出してほぐしてみる。
面白いことに湿ってぴっちり入っている割に1枚1枚が取り出しやすい。
そして繊維の方向やサイズが揃っているからか、柔らかくほぐしやすい。
それにしてもほぐしている間も苦渋い香りをかなり強く感じる。

詰めて喫うと最初はこの苦渋さばかりが全面に出て、好みが分かれるかな?とも思った。
でも僕はこれはこれで、好きな感じだ。
火が落ち着いてくると、バージニアからのものと思われる甘みを伴った酸味。
酸味は柑橘系とも花系とも受け取れる香りも連れてきて、甘みは喉のあたりまで降りてくる。
その間も口内は6割方、苦渋さが支配しているので
HH Old Dark Fired Ready Rubbedの時にも感じた、
高級煎茶のような濃い紅茶のような印象になる。

湿度の割に火点きも火保ちもとても良く、安定していて
このあたりは喫味も含めて、やっぱりMac Barenは何ともソツがないと思わされる。

smokingpipes.com/マック・バレン:HHボールド・ケンタッキー1.75ozより直訳

HHラインで最も強くブレンドされたボールドケンタッキーは、アメリカとアフリカの最高級のダークファイアーケンタッキーを多量に含み、味わいを少し柔らかくするために明るいバージニアを組み合わせています。まだアースとスモーキー、暗い発砲は、甘さのわずかな微妙なニュアンスで、センターステージを取る。ホットプレスで結婚して、独特の味わいが1つあります。Mac Baren製の他のHHブレンドと同様に、このブレンドは絶対的な最小ケーシングとトップフレーバーが全くありません。

From the website in English: This is the strongest pipe tobacco among the blends in the Mac Baren range and is not recommended for inexperienced pipe smokers. H...

意識して弱く弱く喫えばバランスの良いしっかりした味を楽しめるし
少し強めに喫うとケンタッキーの強さ、苦渋さを楽しめる。
さらに、ふとパイプを口から離すと口内に清涼感すら感じられることに気づく。
その清涼感が面白くて、何度もパイプを口から離してしまう。

強さもあるのかもしれないが、かなり満足感のある煙草で連喫するタイプではないだろう。
でも、ふとした時にフレーク1枚分を喫うにはすごく向いている煙草なんじゃないだろうか。