google翻訳

Sutliff / Revelation Match

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

そろそろ新規購入分を試しつつ過去の購入分を消費するタイミングだ。
あまり慌てて新しいのを試し始めると、
どうしても以前購入して残っている分が残りがちになるので、スタートがなかなか難しい。

先ずはアインシュタインが喫っていたパイプ煙草の復刻版(?)から。
ラタキア物かー、なのにアメリカンなのかー。色んな葉をブレンドしてるなぁ。
とか、考えながら注文したSutliff / Revelation Match。

比較品として Cornell & Diehl / Epiphanyも注文していて
これも”Revelation”の復刻版みたいな位置付けらしい。
これで何か素晴らしい天啓を受けて少しは賢くなればよいのだけど…

袋の外からみても明らかにゴワゴワと太い刻みの葉と
粉にはなっていないものの、かなり砕けた葉が混在している。
匂いはがっつりラタキア物というほどではなくケンタッキーが強いのかな?

ゴワゴワと砕けた葉がなるべくバランス良くなるようにパイプに詰め、火を点ける。
これはあんまりラタキアは入ってないのかな?
ケンタッキー/バージニアに薄いライムのような着香。
刻みが太いせいか、割合じんわりと燃える。

Revelation=啓示とかいうから、何かもっとパキっとした喫味かと思っていたが
意外にぼんやりしていて輪郭がはっきりしない。
はっきりはしないが、別に嫌な感じではない。
そういえば、買う時に評価が低いのが気になったが、
これはこのはっきりしなさ加減が受け入れられなかったのか
あるいは元のRevelationとの比較で「別物」と判断されたかのどちらかなんだろう。

smokingpipes.com/シュリフ:黙示録マッチより直訳

SutliffのRevelation Matchはいつでも楽しめる簡単なブレンドで、バーリ、ケンタッキー、バージニア、ペリックと軽いラタキアの要素を融合させ、アクセントの梅のケーシングが付いた複雑なフレーバーを作り出します。

Sutliff's match for House of Windsor's Revelation. Ribbon cut. Full range of colors, from tan, brown, dark brown, and black.

ほうほう、バーレー入りだったのか。判らなかった。
着香も「梅」?日本で梅というと梅干っぽいのを想像するが海外でいう梅はどんな印象なんだろう。
梅酒や梅干というわけでは無いだろうから梅の花?海外にもあるのかな??

ラタキア感だけでいうとG. L. Pease / Laurel Heightsと同程度でほとんど気にならない。
さすがに喫っていて啓示を受けるような感じはないが、
ぼーっと喫う分にはじんわり燃えて何ら気を使うこともない点で良い銘柄といったところ。
煙草を喫ってぼーっとしていないで思索を重ねれば何か啓示があるかもしれないが。。。

そして、元のRevelationを知らないので、余計にEpiphanyとの違いが気になる。