google翻訳

パイプの購入 「THE TINDER BOX UNIQUE」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

このTHE TINDER BOX UNIQUEまでが1月に購入したパイプ。
結局、パイプ探索もそろそろいいかな?と1月の終わりに一瞬思っただけで、
実は2月も3月も止まりませんでした・・・が、一旦目処はついた(つもり)。

まだ、手元に到着していないパイプも数本ありますが、
紆余曲折のパイプ購入歴は追々書いていきます。
ちょっと変わったパイプも含めて、本数だけはかなりいってしまいました。
それでも(何度も書いていますが)、高価なパイプは1本たりともありません。

安物を買うばっかりで、掃除やらじっくり試喫するのが追いついていない上
これから2軍落ちしたパイプも含め、もう一度全てローテーションで回しつつ、
1軍に残るのはどれか、どんなのが自分に合うパイプか検討し直したいと思っています。
そうやって「新品で買いたいこんな1本」というのを考えて
新しいパイプを購入するかもしれません。し、購入しないかもしれません。
ここで2軍落ちしたパイプと入れ替え購入が発生するかもしれません。
(こんな感じでのんびりやるので、Blogに上げきるのに夏頃までかかるかも。)

—–

さて、THE TINDER BOX UNIQUEですが
これはポーカーでゴツゴツしたタイプ、明らかに手持ちのパイプの中では大きい。
大きいけど、なぜか軽くて咥えやすそうに思えたので落札。

ポーカーとカナディアンは好きな形だけど、
手放しで咥えっぱなしにするには重くなりがちな印象で買うかどうかいつも悩む。

届いたパイプはこんな感じ。

写真で見て想像はしていたが、塗装もワックスも無しで薄汚れている。
でも、その薄汚れ具合がが無骨さを際立たせている。

で、刻印のところを見て

もしかすると、元々はスムースタイプだったやつにブラストをかけたのかもしれない。
刻印スペースから少し離れた所にブラストされず
塗装とワックスの残ったスムースの名残っぽいのがある。
いずれにしても、今のゴワっとした外観のほうが好きなので問題はない。

ぐっとボウルをつかむと中頃が少しくびれていて手への馴染みが良い。
咥えてみると軽くベントして、マウスピースが薄めで幅広なので
大きさの割に長時間咥えていられそうで良かった。
今更ながら、重量以上にマウスピースの形状の重要性を感じた。

そして空気の出入りがし易いので、いつもと同じように喫い吹きしても
必然的にゆったりとした空気の流れになる。
小さめのパイプからこのパイプに持ち帰るとちょっと勘が狂うくらい。
そのおかげもあってか喫味も優しくまとまりがあり、
かといって薄味というわけでもないなかなか良い加減。

僕にとっては容量も多めになるので、
ゆっくり喫える時に選んで使っていけるパイプになりそうである。