google翻訳

パイプの購入「Charatan’s make Special Lumberman 30120」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

eBay落札1回目の2本のうちの1本。
カナディアンタイプのCharatan。レーン時代のものらしい。

届いた状態では、まずマウスピースがこんな感じ。
IMG_2731

壊れてはいないものの、なかなか厳しい色合いと歯型。
どんだけ強く齧ってたのか。。。

ボウル内部はGBDの回での写真の通り当然カーボンガッツリ。

ひとまず、頑張って掃除しましょう〜。

で、S/Aメソッドしたりゴシゴシゴシゴシ拭き上げたり、
今回マウスピースはサンドペーパーやメラミンフォーム等を使って綺麗に。
歯型のヘコミはまだ残っているものの、マウスピースの咥える部分は
何とか黒い状態に戻りました。

IMG_2872
まぁ、こんなもんかな?

IMG_2873
画面でみてたよりもカッコいい黒色で墨のような色合い。

喫味の方も、なかなか良好。やや太めで柔らかく、少し甘みを引き出すような印象。
ただ、カナディアンタイプだからなのか見た目以上に頭の部分が重めになって、
手放しで咥えるのはちょっとしんどいかな?

前にヤフオクで落札したBARIも柔らかくなる印象だったけど、
BARIが味を丸める感じだったのが、
CHARATANは飛び出した枝の先を剪定するような変化(?)に感じる。

パイプもそれぞれ個性があって面白いもんですね。