google翻訳

パイプの購入 「Kaywoodie Super Grain 95B」「Kaywoodie Super Briar IMPORTED BRIAR 5191B」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

さて、Kaywoodieの短いやつ2本をまとめていきます。

IMG_3452
上:Super Grain 95B / 下:Super Grain IMPORTED BRIAR 5191B

どちらも1月購入の10本の中では、安さのTOP2である。

下のやつは1000円していないし、写真での見た目も「どうかな?」という感じで
あまり期待はしていなかったのだが、想像以上。使いっぱなしでのままで届いた。
そこそこの雑さを自負する僕でもさすがに「Oh…!!」と英語風に声が出た。

カーボンがついていても細かくピシッとついていればまだしも
煙草葉の残りやら、燃え残りの灰も底に残っている。
おそらく自分で塗ったであろうシェラックか何かは
テラテラとして光っているかと思えばムラがある上、一部は剥げている。
極めつけは、何をしたのかボウルトップのフチが削れている。。。

IMG_3448

う、うーん。僕にはこれをキレイにやり直す技術も道具もない。
仕方がないので「ある程度」で済ます。
軽さもサイズ感もいい感じなんだが、大丈夫だろうか?
ちなみに1930年代の…かな?多分。

あと1本の方はマシな感じだ。と、気を取り直して。。。

ん!?
IMG_3451
IMG_3451
IMG_3451

なんだコレ!
スタンプが斜めになっている上、二重に押してある。
めっちゃ雑!!

まぁ、でも味には関係ないしな。




ん!?
IMG_3450

ここも斜めになってる!!それもかなり!!!

あうあう。
ま、まぁ口の左側で咥えたらちょうど真っ直ぐくらいか…な?

これも修正する知識や技術がないぞ。
ぱっと見はキレイっぽいのにちょっと騙された気分。。。
ちなみにこっちは1947-72年のものらしいです。

そうそう、Kaywoodieはスティンガーが特徴…
IMG_3449

あふぅっ! キレイに見えてた方はそのままだけど
汚かった方はカットして丸められてるっぽい。
いや、もしかすると元々こういうやつなのか??

とは言え、味だよね味。と、「ある程度」キレイにした2本に
今回もCornell & Diehl/Bayou Morning Flake を詰めて連喫してみた。

Super Grain 95Bの方はまぁ普通にKaywoodieなのかな?といった感じ。
適当に喫ってもそれなりにいい感じの喫味で、際立ったところはない。

次にSuper Grain IMPORTED BRIAR 5191Bの方だが、
驚いたことに実に軽快で素直な香り立ちなのである。
手持ちのKaywoodieの中で一番良いんじゃないかな?
Kaywoodie Drinkless Six Panel Apple 7728C
おそらくKaywoodieらしい味だと思っていたが、5191Bが上かも。
スティンガーが他と違うからか空気の通りも良い。

見た目は全く良くないが1000円しなくて、この取り回しの良さ、味の軽快さはすごい。
今回購入の10本のうちで一番美味しいのがこれだったらどうしよう。
安物買いが捗ってしまうじゃないか。。。