google翻訳

パイプの購入 1月中に届いた分について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

中華コーンパイプが届いたことに刺激されてパイプの購入意欲が湧いてしまい
1月中だけで一気に10本のパイプが増えてしまった。

とはいえ、見る目があるわけではないのでいわゆる「ええパイプ」はわからないし、
本体価格6000円以下に決めているので「高級なパイプ」も買えない。
10本のうち6本は2000円以下だ。

よくわからないなりにも気になるパイプは沢山あるもので
手を添えない喫い方が多いことから、形状で言うと
手軽さ重視になりLovatとかの短めのパイプが気になる。
とにかく取り回しが良くて軽量そうなのがいい。
単純な見た目で言うと、CanadianかPockerタイプが良いなと思ったり
あるいは軽くベントかかった細身のパイプがカッコいいように思う。
いずれも自分に合うかどうかはわからないが。

そんなことを考えながら、ヤフオクやeBayを眺めていたのだが
実はCastelloの歪んだようにブラストのかかったパイプにばかり目が行った。
あんなパイプを手に持って煙草を喫ったら、
手のひらのツボが暖かく刺激されて身体に良いんじゃないかとまで思った。

基本Castelloあたりは6000円なんてするすると超えて、すぐに視界から消えてしまう。
残っていても、僕が6000円で入札をかけると「無駄、無駄ァ〜」とばかりに
あっさりとすり抜けられてしまう。

目星をつけたパイプが思っていた値段を超えたらあっさり諦めるし、
逆に「ヤバいかな?」と思うようなやつにも突っ込んでいきがちな買い方。
結局、今回手元にはkaywoodieが3本届いている。まぁ、そうなるよね。
その他、初のBubChoquin、初のメシャムもあったり。

IMG_3444
今回、届いた皆さんの後ろ姿

当然というべきか、お値段なりのものが届いたりもしてるけどそれはそれ。
あまり細かいことを気にしない使い方をするので、僕にはこれくらいで丁度いいんだろう。

案外、今年はこれであっさり打ち止めでもいいのかも。
いやいや、次はそこそこ良いパイプも欲しいかな?

ひとまずそれぞれ大まかな掃除と試喫をしたらまたBlogに上げようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする