google翻訳

Laurel Heights × 書いてないけど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

JackKnife Ready Rubbedでも感じたメイプルシロップのような甘み。
同じものをLaurel Heightsでも感じたが、こっちでは少し蜂蜜っぽい濃さ。

どっちの銘柄もtobaccoreviews.comの香料の項には何も書かれていないけど
バージニア葉から簡単にすっと出てくるタイプの甘さではないような気がする。
もしかすると、書かれていないだけで糖分の添加は普通に行われるものなのかもしれない。

G.L.Peaseの煙草の製造はCornell&Diehlだが、
同じ原料葉でここまで違いがでるものなのか?とも思わされる。
甘さを感じる時のバージニアの味がほんの少しMcClellandに寄っている気がする。
と、するとMcClellandも書いてないけど糖分は添加したりしてるのかな?

いくら元のバージニア葉が糖度が高くて、上手く加工したとしても
ナチュラルでこんな甘みの感じ方をするもんだろうか?
もしそうなら(知らないだけであるのかもしれないが)Cornell&Diehl製品でも
同じように感じるバージニアがあるのかもしれない。

Laurel Heightsはラタキア入りだけど、鈍いからかほとんど感知できない。
たまにちらっと顔を出す程度で、「うぉ、ラタキアだ」と思うことは無い。
もしかすると、ラタキアやオリエントは少量でも
バージニアの甘さにこってり感を加える効果があるのかなぁと思ったりもした。

まだまだ、このあたりが自分でも細かく感じ取れず
何となくの印象がその時々でちょっとずつ違っている。
「美味しければそれで良い」と言えば良いのだが、
美味しいからこそ何がどうなってこの味になっているのか知りたいのが正直なところ。
シンプルな葉組なのに悩ましい煙草である。