google翻訳

Full Virginia Flake × 体験順は意外に大事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

やっぱり角缶では乾いてしまうんだなぁ。

久々にFull Virginia Flakeを開けたら、
見た目にも乾燥が進んでいることがわかった。
とはいえ、パリッパリというわけではない。

それで良いのか難しいところだが、以前より喫いやすい湿り具合になったという感じ。
フレークのまま締まったような状態になってほぐしにくい。
喫味の方は青々しい草っぽさが少し減ってレモンのような柑橘寄りの味を感じた。
当然のように以前より火保ちも良くなっている。
それにヤニっぽさも軽減しているようような気がしないでもない。
気のせいかパイプのせいの可能性も考えられるが。。。

ヤニっぽさというと、オリエントが多いとどうもねっとりした油性のヤニを多く感じ
バージニアだとややさらっとした水性のヤニが出やすいように感じる。
まだ、気にしはじめてそんなに経っていないのでサンプル数が多いわけではないが
オリエント系の煙草だと、ボウルトップに付着するヤニが多めで取れにくく感じる。
その変わり綺麗に燃えやすいような気がする。

Full Virginia Flakeに話を戻すと、僕は改めてパイプをはじめてすぐ
この銘柄を手にしなくて良かったと思っている。
知らずに手にしたら上手く喫えずに凹んでしまい、おそらくパイプは続かなかっただろう。
小さめのパイプでフレークををほとんどほぐさず詰めたりしていたら尚更だ。
それでいて美味くて評価も高いんだから罪作りな銘柄である。

やっぱり、パイプは最初どんなパイプでどんな銘柄を喫うかとか
銘柄を試す順番でもそれ以降受ける印象が違ってくるんだろうな。
僕は迷走する前ににmaronさんに引っ張ってもらえて良かった。。。