google翻訳

2035 – Dark Navy Flake × 外さないから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

McClellandというのもあるとは思うし、ダークバージニアだし
ガチガチの粘土みたいな状態だし、特徴的な甘香ばしさがあるしと
2035 – Dark Navy Flakeは色々突き抜けた特徴のある煙草だ。

そして、その突き抜けた状態で安定しているので
「あ、今日はあの味が欲しいな」と思った時にきっちり答えてくれる。

まだ1回しか買っていないのではっきりしたことは言えないが
おそらくロットによる誤差も少ないんじゃないかと思う。

突き抜けた状態で安定しているものだから、喫味が好みならこんなに良い煙草はない。
以前Twitterに2035を喫ってると上げた際に、あちこちで2035やらDarkStarが上がり
「2035を手元においている人が何て多いんだ!」と驚いたが、納得である。

あちこちのBlogで見かけた前評判もよく読むと、「…でも好きだ」みたいなのが多くて
クセがあるけど何だか美味しいラーメンみたいなものなんだろう。
クセがあると言っても、臭いとか苦いとかのクセじゃないから余計に好まれるんでしょう。

僕も常喫とまではいかないものの、少量を手元に置いておきたいと思っています。
で、たまに喫って「そうそう、この味。」とか言うタイプのやつですね。

先日大阪オフで頂いたSmyrna No.1とYenice Agonyaのどちらからも
この2035と同じ系統の甘さを感じます。
だからおそらく、目隠しでこの2銘柄を喫ってMcClelland製だ、というのは判るだろうと思うけど
Smyrna No.1とYenice Agonyaは区別できないと思います。(どっちも美味しい!)
それくらい2035系の甘さが全体を引っ張っていて、ついそっちに意識が向いてしまうんですよね。

褒めてるのか貶してるのか自分でもよくわかりませんが、
とにかくそれくらい2035が特徴的な銘柄ということで。。。