google翻訳

Oriental Silk × はっきり・くっきり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

着香物やラタキア物を除くと、今のところ一番悩みのない銘柄。

「この味が欲しい」と思って手を伸ばした時に、記憶通りの喫味が得られる。
オリエント葉が全面に出た明るい喫味。
パイプが違ってもほとんどブレない。
乾いたリボンタイプなので、手間がかからず詰めやすくキレイに燃える。

「じっくり味わう」という感じより、片手間に喫うというというのにストレスが無いので
紙巻き煙草に手を伸ばす感覚に近いのかもしれない。
小さめのパイプに少量詰めて短時間で済ませるような喫い方にも向いている。

カラッとしているので、これがいがらっぽく感じる人がいるかもしれないのと
喫い終わった時に、多少口内がヤニっぽい気もしないではないというのがあるが
煙草のキャラクターが明瞭なので、手元に置いていてもいいと思っている。

Cornell & Diehlの煙草は他メーカーに比べ手軽に喫える印象がある中で
Oriental Silkは特にその傾向が突出していて
これはオリエントがやや強めなものの、バージニアもペリクも飛び抜けてはいないので
シンプルながらもまとまった味になっているからなんだろうと思う。
この前いただいたMcClellandの缶ともまた異なる表現がされているのが面白い。

手軽で素直すぎて、こなれたベテランスモーカーなんかだと
「面白くない」と言って選ばなそうな気さえしてくるが、
それはちょっと偏見が過ぎるかな?