google翻訳

Z92 Vanilla Custard × え、発酵??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

煙草の熟成という話はよく聞くところだが、
今のところ自分で意識的に行ったことはない。

ものすごく想像で書くが、おそらく
糖質の変化、タンパク質 → アミノ酸 の変化がうまくいったのを熟成というのだと思う。
熟成がうまくいくと、糖とアミノ酸のバランスがとれて美味しくなるんだろうと想像する。
でも反対に熟成に失敗すると、カビる・乾燥するといったことになるのだろう。
温度や湿度、pH等の管理があってこそだろうから、きちんとするのは難しい。

で、本題なのだけどZ92 Vanilla Custard。
クリスマスの頃には、作りたてのシュークリームのような匂いがしていたのだけど
最近どうも匂いが変わってきたように思う。

甘い香りには変わりがないけど
どうもヨーグルトっぽい匂いがほんのりとする。
例えるなら、駄菓子のモンゴルヨーグルト、モロッコヨーグルのような…。
以前は、こんな匂いはしなかった。

こってり着香物の熟成を能動的にしているってのは聞いた記憶がないし
それこそ着香物は鮮度優先の煙草なんじゃないだろうか。
いわゆる香料というやつは、大抵が揮発成分だろうから
時間経過で匂いが飛んでは意味がない。

Z92 Vanilla Custardは何かミルク系の香料が使われていて
たまたまそこに乳成分と同等のタンパク質が実際に入っていて、
たまたまそれが腐らずに発酵したんだろうか?

もしそうなら、スゴイな!と感心するべきなのか、劣化したと悲しむべきなのか。
いずれにしても、今のところは味に酸味を感じるところまでは変化していない。
まだ、ヨーグルトの入り口くらい。

これからどんどん気温が上がって、湿度も上がって
発酵じゃなく、腐ってしまわないうちに早く喫いきってしまわないと!!
牛乳もヨーグルトも腐るととんでもない匂いになるからなぁ。