google翻訳

Captain Bob’s Blend × ぐぬぬ(その2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

Bobとはイマイチ気が合わないらしい。
悪いヤツじゃないけど、ちょっと自己主張にクセがある。

ただもう一人のBob、ボブチョコの着香抜けや
パサパサでバラバラのGolden Glowのような例もあるので
もしかすると…という思いも湧いてくる。

まだまだ、沢山の銘柄が後ろに控えているので
少しでも「うーん?」となったやつは、めぐり合わせが悪かったと諦めて
当面のリピートは避けるべきか。

話は変わるが、先日喫煙場所を探してたまたま表に灰皿がある
宝くじ売り場のようなこじんまりした作りの煙草屋さんに寄った。
そこは、紙巻き煙草以外にも手巻き、パイプ煙草、パイプ本体まで
狭いながらもぎゅうぎゅうと陳列されていた。

そこに、近所のおじさんらしき人がきて「ハーフ&ハーフ!」と言うと
ものの数秒で商品とお金をやりとりして、すっと立ち去った。
目前で知らない人がパイプ煙草を買うのを初めて見たことと、
自分が初めて喫ったパイプ煙草を、おそらく常喫されていて
いつもの店でいつものものを買ったのであろうことに
何となく感慨深いような気持ちになった。
同時にハーフ&ハーフの喫味を思い出して、
「もしかすると、今ならまた違った感想になるかも」とも思った。

Captain Bob’s Blendはどうなんだろう?
手元にあるのは正しい商品なのか、単に相性がイマイチなのか
1周回って買い直したら意外とイケるのか。

商品として売られてていて、それを良いという人がいるのに
自分がそれを体験できなかったと思うと、合う合わないがあることは当然なのに
何とももったいないことをした気持ちになる。

コメント

  1. maron より:

    こんにちは。
    バルクの着香は扱いが難しそうですね。
    非着香なら水分抜けてても加湿すればなんとかなりますが、着香抜けはどう足掻いても修復不可能です。
    パウチ入りも、未開封でも結構香りが漂うものが多く、バルクよりはマシかもしれませんが、やはり缶入りが鉄板ですかね。
    ただ、SGのような四角い缶入りは隙間が空いていたりすることがあるようです。
    McClellandやGLPeaceのような、缶詰みたいな蓋が密閉されているタイプが一番良いのかもしれません。
    着香ものは安物のイメージがありますが、意外と高級嗜好かもしれませんね。

    • Kewpie より:

      この土曜日に大阪でオフ会があった際、
      ボブチョコを持って来てくださっていた方がいたので、喫わせていただきました。
      開けてちょっと経っているとのことでしたが、それでもチョコ感は自分のより少しありました。
      それ以上に全体的に味が太めで、ケンダル臭っぽいのは少なく「これは別物だ」と思いました。

      保存方法も重要だと思いましたが、
      違う味のものを喫って、好みかそうでないか判断しているかもしれないのが難しいところです。
      それも運とか出会いみたいなものかもしれませんが。。。