google翻訳

パイプの購入「STANWELL FEATHERWEIGHT 123」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

やっぱり軽くて小さめがいいかなぁ。
ということで、ヤフオクで2本目のSTANWELLに狙いを定めた。

FEATHERWEIGHTといういかにも軽そうなネーミング。
それにベントタイプで咥えやすそう。
おおよそ狙い通りの価格で落札。

IMG_2741

うむ、なかなかの黒。

持ってみると、何だか重量感がなさすぎる。
重さはあるのだが、ブライヤーというよりもプラスチックっぽいというか
よくわからない樹脂のような。。。微妙にオモチャっぽい雰囲気。
そう思って見ると、塗装も何だかチープに思えてくる。

不安になって調べてみたら「地中海の高品質のブライヤー」とか書いてあってひと安心。
咥えても軽いし、火皿も18mm以下だし、どう見ても新品なのに半値以下。
そう思って見ると、いいものに思えてきた。

実にいい加減なものである。

手持ちの2本のSTANWELLはどちらもグレードとしては高くないものかも知れません。
他のSTANWELL製品がどうなのかもわかりませんが、どちらも非常にシンプルな形状で
空気の出入りが素直。コントロールがしやすい印象です。

また、喫い比べをしてみて感じたのは、
甘みを引き出すとか、香り立ちが良くなるといったことはあまり無さそうですが
どちらも軽やかな喫味になり、特にFEATHERWEIGHTのほうがよりマイルドに感じました。

割と早い段階で手にするパイプ(初心者向け?)として、
STANWELL vs Peterson みたいなのがあるらしく、僕はたまたまSTANWELLだったようです。
Petersonのパイプも持っていないので試してはみたいのですが、今のところは縁がない様子。
これまでも何度かチェックはしていたものの、落札には至らず。

何も知らなければ、煙を出すただの筒なのに
メーカー毎に癖があったり、形状や材質、加工方法で味が違ったり
製造年代でも違うらしいというのが面白いですね〜。

僕にぴったりな1本というのが、今後出てくるんでしょうか。
どこのメーカーのどんなパイプなんでしょう?楽しみです。