google翻訳

Bayou Morning Flake と バルク の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

比較写真を撮る前に、ついついBayou Morningのバルクを喫い切ってしまった。
原料と配合が同じだから同じ名前にしたんだろう。

バルクはバルクで、缶入りは缶入りでどちらもCornell & Diehlらしいと思う。
いかにもCornell & Diehl味というか、何というか。

さすがにCornell & Diehl味が苦手な人には勧められないものの
VaPer(というか強めのペリク)やCornell & Diehlが好きな人は試してもいいかも。
喫味はFlakeのほうがまとまってはいるものの、
バルクもその手軽さや燃焼具合は捨てがたい。
どちらも手軽に気楽に喫える銘柄だと思う。

ただ問題も無くはない。
特にバルクの方はややイガイガしていて、どうしても飲み物が欲しくなる。
もしかすると、乾燥のせいというよりペリクのせいかもしれない。
フレークのほうでも少し同様の感覚がある。
フレークの方は少し慣れれば良いというくらいで、
バルクの方もキツいと感じるならコーンパイプで対応すれば十分いける。

Bayou Morningに限らずVaPer系全般に言えると思うけど、
バージニアをペリクでぐっと抑えこんで、落ち着いた喫味になりがちな中で、
特徴を出して差別化するのはなかなか悩ましいことなんだろうと思う。
何種類かバージニア葉を持っていてそれらを組み合わせたりもできるから
無限に種類は作れるとは言え、やっぱり製品には特徴がないといけないので大変だ。

そんな中で、熟成度が違う(だけであろう)この2銘柄を出したということは
Cornell & Diehlにとっても、数あるVaPerの中で
自信のある配合になっているんじゃないかと思う。