google翻訳

Escudo Navy Deluxe と Flake Medallions と Luxury Bullseye Flake と Cask No.7 の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

以前、Luxury Bullseye Flake と Cask No.7 の比較をしたことがある。
その頃は「目玉状のカットの煙草なんて珍しい」と思っていたのだが
世間はまだまだ広く、他にも目玉カットの煙草があったのだ。
Escudo Navy Deluxe と Flake Medallionsは缶入りで
そのなかでも高価な部類のようで、こんな機会でもないと恐らく買わない。

img_3248

それぞれ単品では以前にも書いたので詳しくは書かないが
この4銘柄の中でEscudo Navy Deluxeは目玉ではなく
単なるぐるぐる渦巻きなのでちょっと別物である。
黒目にあたる、ブラックキャベンディッシュが含まれない。
それでも熟成の加減なのかLuxury Bullseye Flakeに割と近い。

Flake Medallionsが香りも良く柔らかい熟成感もあって美味しいし
すごくきれいにほぐれるので扱いやすいという点で一押しなのだが
価格的にどうしても割高に思えるのが残念。
そうなると僕にはLuxury Bullseye Flakeがちょうどよくなる。

Cask No.7も悪くは無いのだが見た目の熟成感の割に
味が抜けたような印象があるのと、ややイガイガした感触から
そのギャップのせいでやや低めに位置してしまっている。

img_3249

ところでこの目玉シリーズ全般で感じるのは、
煙草の燃え方がパイプの癖に左右されやすいのではないかということ。
フレーク物よりも、ブロークンフレークに近い印象。
ちなみにフレーク物は喫う人の癖に左右されることが多いように感じる。

いずれにしても、ブラックキャベンディッシュ入りの目玉タイプは
マイルドで喫いやすくあまり外れがない印象です。
このタイプの銘柄は他にもあるのかな?